アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 和
 
[スポンサー広告
所持ボードゲーム評価
最近リストを更新していなかったので、自分でも所持ゲームが把握できなくなってきました;;
なので、ここいらでもう一度整理したいと思います。

本当は一つ一つ写真付きでちゃんとしたレビューをしたいのですが、中々面倒でry
しかし、自分がかなり気に入ってるゲームと、中々レビューの無い同人ゲーなどはそのうち記事を作りたいと思います。

と言うわけで、所持ボードゲーム評価リストは続きを読むからどうぞ。
まとめてみて気付きましたが、本当増えすぎですね・・・道理で部屋が狭く感じるわけです^^;;


評価はC〜Sの4段階です。
ボードゲームはボード主体カードゲームはカード主体のアナログゲームという意味で分類しています。

▼ボードゲーム
・15(Fifteen) →S
・レジスタンス:アヴァロン→S
・パッチワーク→S
・赤ずきん→ A
・エイジオブクラフト→ A
・エルタイルズ→ A
・街コロ→ A
・かたろーぐ→ A
・カルカソンヌ→A
・パンデミック→ A
・古代ローマの新しい遊び→ A
・エルダーサイン→ A
・セイルトゥインディア→ A
・交易王→ A
・どうぶつサッカー→ A
・開拓王→ A
・フェレータ→ A
・ウミガメの島→ A
・エンパイアエンジン→B
・ポケモンバトルチェス→B
・ウミガメの島→B
・クルード→B
・モダンアート→B
・ダンジョンオブマンダム→B
・海底探検→B
・グリモリア→B
・ひとひら→B
・クトゥルフダイス→C
・シークレットムーン→???
・髑髏と薔薇→???


▼カードゲーム
・ビブリオス→S
・R -Rivals-→S
・アブルクセン→S
・酔いどれ猫のブルース→S
・ハートオブクラウン→S
・Sellswords →S
・デッドマンズドロー→S
・インフェルノ→S
・ゴッズギャンビット→S
・ラブレター→ A
・アクエリアス→ A
・ハゲタカのえじき→ A
・フラムルルイエ→ A
・ファミリア→ A
・ブルームーン→ A
・デザインタウン→ A
・姫騎士の魂→ A
・赤ずきんは眠らない→ A
・宝石の煌き→ A
・シェフィ→ A
・5本のきゅうり→B
・オニリム→B
・ワンニャービスケッツ→B
・犯人は踊る→B

・クトゥルフレルムズ
・ヴァンパイアレーダー
・ブレーメンズ
・すきもの
・傭兵隊長
・ローリングワールド
・ククカード
・ヤオチュー!
・ナンジャモンジャ
・ナインタイル

閉じる▲

Posted by 和
comment:0   trackback:0
[アナログゲーム]  thema:ボードゲーム - genre:ゲーム
Macのおすすめテキストエディタ
Macを買ったのは前回も書きましたが、OSが変わると当然使用するエディタも変わってきます。

特に今まで使用していたサクラエディタは、NScripterの命令をハイライトしてくれたり、マクロでコード書きながら実行できたりと至れり尽くせりだったのですが・・・

Macではサクラエディタが使用できません。
(厳密に言えばできるのですが、タブ機能が使用できません。)

Oh・・・と、途方に暮れていたところ、素敵なエディタを見つけてしまいました。
今回はそのエディタをご紹介したいと思います。

その名も、「ATOM」
手塚先生のキャラではありませんが、同じくらいパワフルなテキストエディタです。

何と言っても、デザイン性、拡張性に優れている高機能エディタです。
他にも色々エディタは試してみましたが、ATOMがあれば他は特に必要ないくらい便利です。

サクラエディタの見た目をかっこ良くしたバージョンという感じでしょうか。
個人的に、サクラエディタと異なり開いているファイルのフォルダまで表示してくれるのは非常に助かります。
イメージ的にはVisual Studioのような感じです。

ちなみに、NScripterの命令もちゃんとハイライトしてくれます。(コレ重要)


導入方法や自分が入れているパケージ等は「続きを読む」に記載しております。


ATOMは以下のサイトからダウンロードできます。
https://atom.io

基本的な設定やおすすめの設定は以下のサイトが参考になると思います。
http://blog.codecamp.jp/atom_utility/
http://mae.chab.in/archives/2579
http://qiita.com/k2works/items/1d25888fb3a05058e48f

とりあえず、インストールして最初にやることは、「日本語化」だと思います。
日本語化さえしてしまえば、設定などは使いやすいように設定すれば良いかと。

さて、日本語化するには「パッケージ」をインストールする必要があるのですが、ATOMではそれも簡単に行えます。
先ほど紹介したサイトにやり方が書いてあるので参照してもらえればと思います。

ATOMには非常に便利なパッケージが数多くありますが、結局どれを入れたら良いの?という事で、おすすめパッケージを紹介しているサイトを以下に挙げておきます。
kijtra.com/article/my-atom-packages/

↑のサイトで紹介されているパッケージを入れておけば大体OKかと思います。
ググれば他にもたくさんあるので、必要に応じて足していってください。

追記することがあるとすれば、「Toolbar」ぐらいでしょうか。
iconset: "アイコンセットの名前"
↑これを設定ファイルに書くことで、標準アイコン以外のものも使用できます。


そして、忘れてはいけないのが「NScripter」のパッケージ

language-nscripter2

これです。このパッケージを導入してください。
ダメ元でNScripterのパッケージを探してみたらありました。作成者様に感謝。

パッケージを導入すると、NScripterの命令に色がつくので圧倒的に見やすくなります。


その他、ATOMでNScripterを使用する時に便利なのが、
1.自動文字コード変換
2.ツールバーボタンからの.exe起動
3.ツールバーボタンからのリファレンス表示
4.タブ、ペイン分割
5.ゲームフォルダをプロジェクトに追加


2と4は以前記事にしたサクラエディタでマクロを使用する方法と同じことをATOMでできたら嬉しいという事で書きました。
ツールバーにファイルを起動するボタンやウェブページにジャンプするボタンを設定すれば同じようなことができます。

ただし、2についてはMacだとそもそも.exeファイルを指定しても起動してくれないので、やり方を模索中です。
(ただ、個人的にはボタンが無くともnscr.exe起動用のデスクトップを開いているので必要ないのですが・・・)

他にも色々快適に使えるような気がするので、見つけ次第追記していく予定です。

閉じる▲

Posted by 和
comment:0   trackback:0
[その他メモ]  thema:Macintosh - genre:コンピュータ
MacでNScripterを動かす方法
NScripterをMacで動かす方法についてメモしておきたいと思います。

NScritperはWindowsのプログラムなので、MacOSには対応していないのですが、そこはさすがのNScripter。
色々補助ツールが充実している訳です。

という訳で、簡単かつオススメな方法を紹介します。


1)Easy Wineを使用する
Easy WineはMacでWindowsプログラムを使用するために作られたツールです。
↓以下のサイトからEasy Wineをダウンロードします。
mattintosh.hatenablog.com/entry/20140706/1404653173

あとは、Easy Wineを上記のページに載っている通りにインストールすれば良いだけ。
具体的には、Easy Wine.appをデスクトップなりFinderのアプリケーションにコピーすればOK。
(途中でパッケージをインストールしますか?と聞かれるのですべてインストールする)

これだけです。簡単!

すると、今まで実行できなかった「.exe」ファイルが実行できるようになっていると思うので、「nscr.exe」を実行すれば良いだけ!簡単ですね。
この方法が一番簡単かつNScripterの挙動を再現してくれます。

ただ、NScripterが起動するまでに若干時間がかかるので注意。
デバッグする際に何度も再起動かける場合は少し面倒かもしれません・・・



2)ONSLauncherを使用する
もう一つの方法は、マルチプラットフォームで動作するONScripterを使用する方法です。
NScripterはWindowsのみですが、ONScripterはこれをMacやAndroid、iOSでも動くようにしたものです。

本来ならば、ONScripterのソースファイルを自分でコンパイルして使用するのですが、如何せん必要なパッケージのダウンロードなど面倒かつ上手くいかない場合があります。
しかし、Macの場合にはONSLauncherという便利アプリがあるので、これを使用します。

↓以下のサイトからONSLauncherをダウンロードします。
tmkk.undo.jp/onscripter/
(ダウンロードの項目にある一番上のZipファイルのみでOKです。)

使用方法などは中にあるREADMEに記載されています。

こちらも簡単でオススメな方法なのですが、実際のNScripterと挙動が異なっていたり、メニューバーが表示されなかったりするため個人的にはEasy Wineを使用する方法が良いかと思います。

Easy Wineを入れるとセキュリティ的に問題がありそうだと思う方はこちらの方法を使用すると良いと思います。



以上の2つの方法でMacでもNScripterが使用できるので、是非お試しあれ。
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[NScripter]  thema:ゲーム製作 関連 - genre:ゲーム
Mac book Airを買ってみました
かねてからの夢?であった、Mac book Airを買ってみました。
感想を一言で言うと、

ものすごく便利。

便利すぎます。なんだこれは・・・

まず、マウスが全く必要ありません。
すなわち、いつでもどこでも開いて快適に作業できるわけで。
最近ではベッドに腰掛けながら膝の上にMacを置いて作業してます。

トラックパッドと言って、WindowsのPCにもある、あのキーボードの下にあるパッドが便利すぎる。
このバッドで様々な操作(スクロール、ズーム、ページ切り替え等)が簡単に行えます。


また、Macならでは?の機能だと思うのですが、デスクトップをいくつも生成できるのが便利。
Windowsではデスクトップ画面は一つですが、Macの場合は複数作成できます。
つまり、2つモニタを置かなくても擬似的にPC内にモニタをいくつも作れる訳ですね。

もちろん、モニタを用意する場合と異なり、複数のデスクトップを同時に見ることはできませんが、デスクトップ間の切り替えがこれまた指4本同時にサッと動かすだけなので簡単
これ、本当に便利です。

自分の場合、ゲーム作る時などブラウザで作り方を見ながらテキストエディタを開いてコードを書く・・・という作業が多いわけですが、これをWindowsでやろうとするとブラウザとエディタを一々マウスを動かして切り替えなければなりません。(ショートカット等設定すれば別なのでしょうが)
これがMacだとパッドでサッサッと指を動かすだけの簡単切り替え
この快感は是非とも味わって欲しいところです。


まぁ、惜しむらくはやはり使えないソフトが多いことでしょうか。
やはりSAI等のプログラムはMacでは動かせないようですね。
Windowsを入れてデュアルブートにすれば良いようですが、お金がかかります。
無料でできる方法だと、WindowsPCをMac上でリモートで動かす方法もありますが、ペイントソフトを使用したい場合はあまりオススメできない方法だと思います。

しかし、これらの問題を補って余りある操作の快適さにすっかり気に入ってしまいました。
次にMacを買うときはWindowsとのデュアルブート用にメモリを8G以上積んだものを買いたいと思っています。

個人的にはMac買って正解でしたが、やはり今まで使っていたプログラムを使用すると色々設定が必要だったり使えなかったりで苦労したので、そこら辺を記事に書ければと思います。
第一弾として、MacでNScripterを動かす方法を後ほど記載する予定です。
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[雑記
所持ボードゲーム評価
お久しぶりです。
ボードゲームにハマって半年くらい経ったでしょうか。
未だに徐々に増えつつあります・・・

アナログゲームはどれもそこそこお値段がするので財布の軽いこと軽いこと。
カードゲーム系が安くて1500円くらいからなので、本格的なボドゲを買おうと思ったら軽く5000円は超えてしまします^^;;

自分は限られたスペースで遊ぶことが多いので、場所をとらないカードゲーム系がどうしても多くなってしまいますね。
本格的なボドゲもやってみたいこの頃。(エルドリッチホラーとか)

現在もじわりじわりと増えていくゲームを整理する意味でも、現在所持しているゲームとその評価一覧を載せておきます。
ボードゲームは、ボードやコマなどのコンポーネント主体カードゲームはカードが主体という意味で分類してます。
評価はCからSまでの四段階です。

長くなったので、続きを読むからどうぞ。
今回は一言コメントをつけてみました。
意外と見にくくなってしまったので以後はつけないかも。


▼ボードゲーム
・カルカソンヌ→A
道や街がつながるようにタイルを置いていくゲーム。アプリの方が場所を取らないし点数計算も楽なので便利。

・パンデミック→A
協力して世界に散らばった病原菌と戦うゲーム。こちらもアプリの方が何かと便利。

・古代ローマの新しい遊び→A
14個ものゲームが一箱に収められててとってもお得。ゲーム自体も面白い。

・エルダーサイン→A
協力してエルダーサインを集め、邪心復活を阻止するゲーム。運要素が大きいが、作戦を考える場面も多々あり面白い。

・セイルトゥインディア→A(2人プレイ時)
交易品を売ったりして勝利点を稼ぐ。二人でもプレイ可能?面白かったです。

・交易王→A
セイルトゥインディアよりも簡単な感じ。交易品を売ってお金を稼ぐ。

・どうぶつサッカー→A
パスをつないで相手のゴールにシュゥゥゥウーーー!!!パスをつなぐ快感。

・開拓王→A
カルカソンヌ+カタン?完成した畑や街などで資材を生産して勝利点を稼ぐ。着々と自分のボードが完成していくのが楽しい。

・ポケモンバトルチェス→A
ポケモン版簡易チェス。簡単で思考性と運要素がいいバランス。500円と安い点もグッド。

・レジスタンス:アヴァロン→A
人狼系ゲーム。人狼と違って脱落者が最後まで居ないのでオススメ。

・ウミガメの島→A
ダイスを振って多くのタマゴをゲットしろ!バースト有りなので振るか振らないかギャンブル性あり。

・クルード→B(2人プレイ時)
誰が殺人犯か当てる推理ゲーム。3人以上でのプレイがおすすめ。

・モダンアート→B(2人プレイ時)
絵を競り合うゲーム。あまり遊んでないのでイマイチ面白さが分かってません;;

・ダンジョンオブマンダム→B(2人プレイ時)
装備なんて必要ねえ!チキンレースゲーム。大体失敗する←

・海底探検→B
海底にもぐってお宝をゲット!大体潜水艦に戻ってこれず全滅する←

・グリモリア→B
金色のガッシュベルみたいなゲーム。魔道書を使って仲間やアイテムをゲット!面白いんだけど場所を取るので中々やる機会がありません;;

・クトゥルフダイス→C
ダイスを振ってお互いのSAN値を削り合え!運要素強し。重いゲームの息抜きにどうぞ。

・シークレットムーン→???
・フェレータ→???
・髑髏と薔薇→???


▼カードゲーム
・ビブリオス→S
競りゲーム。運と駆け引きのバランスが見事。ルールも簡単なので初心者にもオススメ。

・R -Rivals-→S
ジャンケンみたいなゲーム。相手が何を出してくるか、駆け引きが楽しい。拡張ルールも数種類あるので楽しめる。

・アブルクセン→S
トランプを2セット買ってくればできる。大富豪に攻撃要素を足した感じ?簡単なのに奥深く面白い。

・酔いどれ猫のブルース→S
競りゲーム。競りの駆け引きが楽しく、持ってて損のないゲーム。猫のイラストも味があっていい感じ。

・ラブレター→A
2枚の手札のうち、1枚出すだけ。簡単なのに思考性あり運要素ありの、非常にバランスの取れたボドゲ初心者にオススメのゲーム。

・ゴッズギャンビット→A
特殊能力付きUNOみたいな感じ。ボドゲやったことない人にも受けのいいゲーム。人数が多いほうが盛り上がる。

・アクエリアス→A
イラストが繋がるようにカードを置いていくゲーム。分かりやすくて視覚的にも楽しい。ドラゴン版もある。(セブンドラゴン)

・インフェルノ→A
UNOのようなゲーム。ただし手札の枚数が決まっており、出せるカードが上書きされないのが特徴。人数が多いほうが盛り上がる。

・ハゲタカのえじき→A
大きさ比べゲーム。手札がみんな同じなので、記憶力と戦略が重要。簡単なのに奥深いゲーム。

・5本のきゅうり→
最後にきゅうりを取らないようにするトリックテイキングゲーム。運が少し強めだが思考性もあってルールも簡単。

・ファミリア→
二人専用。ギャングを雇って強いファミリーをつくるデッキビルド系?ゲーム。やればやるほど面白くなってくる。

・ブルームーン→
TCGのようなゲーム。レジェンドではデッキが9個入っており、カスタマイズも自由。ルールも簡単なので取っつきやすく面白い。

・ロストレガシー→B
ラブレターと似ているが、最後に遺跡がどこにあるかを当てる。基本セット内の2つのセットを組み合わせてカスタマイズ可能。

・ごきぶりポーカー→B
嘘をついて相手にカードを押し付けるゲーム。ポーカーフェイスが重要。4人くらいがオススメ?

・ポイズン→B
薬を引き取るか引き取らないか、思考性と運が試されるゲーム。面白いけどイマイチコツが掴めてない。

・キルDr.ラッキー カードゲーム→B
同名のボードゲームをカードゲーム化したもの。動機や凶器を装備してラッキー博士を殺せ!

・フラムルルイエ→???


<iPhone・iPadアプリ版>
※アプリ版の評価におけるSは、アプリとしての完成度も高い場合の評価になります。

エルダーサイン→S
カルカソンヌ→S
おばけキャッチ→A ※ローカル対戦できないバグがあり、現在も改善されていません
バトルライン→A
どうぶつしょうぎ→B
デッドマンズドロー(無料)→A
RAZZIA(無料)→S
Ascension(無料)→S
Blockus→B
ローゼンケーニッヒ→A
ニムト→B
おい、それは俺の魚だぜ!→A
カタン→A
チケットトゥライド→A
パンデミック→S
Deck De Dungeon→S ※ボドゲが元ではありませんが、非常に面白いです

閉じる▲

Posted by 和
comment:0   trackback:0
[アナログゲーム]  thema:ボードゲーム - genre:ゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。