スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電動ハンドガンG18Cのカスタム

MP7A1はノンカスでも性能十分ですが、電動ハンドガンのG18Cは残念ながらそうは行きません。

ただし、電拳さんにもあるように、カスタムすることでハンドガンとは思えない性能を発揮します。

ハンドガンの特徴と言えば、最も軽く取り回しやすい反面、初速や飛距離で電動ガンより劣る事でしょうか。
初速に関しては電動ガンに比べ10m/s以上開きがあります。

しかし、ちょっと手を加えてやるだけで、この差は劇的に縮まります。

それは、「気密取り」と「ロングバレル化」です。
どちらもメカボを開ける必要なく、簡単にカスタム可能な上、効果は絶大です。

私のグロックは元々初速が65m/sくらいしか無かったのですが、これらをやる事で85m/sと、20m/sもの初速アップに成功しました。

とはいえ、私の場合上記の2つに加えてフルシリンダーとパワースプリングを導入していたのでこの初速になったのかもしれません。
しかし、フルシリンダー、パワースプリング(へたってきて初速が落ちた状態)、気密取りを行なった状態でも68m/sと低い初速でしたが、ロングバレル化したところ85m/sまで上がったので、ロングバレルの効果が一番大きい事が分かると思います。

しかも、今回交換したロングバレルはMP7A1にも流用できるのでお財布にも優しい。
まぁバレルを一々交換するような事があるとは思いませんが…
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

和


Author:和
ほとんどtwitterにいます。
絡んでやると喜びます。

カテゴリ

Twitter

※配信のお知らせはTwitterから↓

UST配信お知らせ

ride-wa

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。