アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 和
 
[スポンサー広告
MP7A1をインドアフィールドで使ってきました
結論から言うと、

素晴らしいの一言

もう、インドアならこれ1丁で事足ります。
多分アウトドアでもこれ1丁で事足りるでしょう。

強い、強すぎる!

インドアでヒットが取りやすい状況とはいえ、初心者の自分ですら1ゲーム3キルくらい取れる強さ。

飛距離、命中精度、取り回しの良さの三拍子揃った素晴らしい銃だと思います。

初めての相棒をMP7A1にして本当に良かったと思いました。
我ながらグッドチョイスだったなと。

次はアウトドアに連れて行って使用感を見たいとは思っていますが、インドアでは十分な戦果を上げてくれました。
最終的に10キル以上稼げましたし・・・


この銃、これからサバゲ始めたい!という方や、特に女性の方にはかなりオススメだと思います。

オススメポイントは以前の記事にも書いた通りですが、特に下記の点が初心者には嬉しいと思います。

①価格が2万以下と安い
②近距離〜中距離の戦闘に向いている。
③軽い


まず、価格。これは非常に大事だと思います。
エアガンは基本的に長物だと2万以上するものが多く、次世代なんかは4万近くするのがデフォルトです。
レンタルで済ませるのも良いと思いますが、レンタル銃は年季が入っているため、命中精度が落ちていたり飛距離が思ったよりも無かったりすることがあるので、自分の銃が欲しくなりがちです。

そんな中、初速・飛距離・命中精度共に長物に負けず劣らずな性能を持ちながら、2万以下で購入できるMP7A1は初心者が初めて持つ銃としてピッタリだと思います。


そして、近距離〜中距離戦闘に向いていること。
すなわち、インドアとアウトドアの両方でしっかりと能力を発揮できる、と言う事です。
また、遠距離だとスナイパーライフル等になってきますが、これらは初心者向けではないそうです。
理由は色々ありすぎて書ききれないのでググって下さい。

要するに、初心者向きの戦い方である近距離〜中距離戦闘に向いた銃であるため、オススメという訳です。


最後に、非常に軽いこと。
軽さは正義。重要なパラメータです。

サバゲでは、銃を持ちながら広いフィールドを駆けまわります
また、長いこと銃を構えたまま敵が顔をだすのを待ち構えている、なんてこともよくあります。
銃を構えるときも、軽いほうが早く構えやすいのは想像に難くないと思います。

ムキムキマッチョマンの変態なら問題ないかも知れませんが、体力に自信のない方や女性にとって重さは非常に重要になってきます。
もしかしたら、重い銃を上手く扱う方法があるかもしれませんが、初心者はそんなこと分かりません。

その点、MP7A1は約1.5kgと、軽いと言われているMP5やハイサイクル電動ガンよりも軽く、一日中使っていましたが疲れることはありませんでした。
また、この軽さとコンパクトさにより、取り回しは抜群によく、さらにサバゲフィールドまでの持ち運びもラクチンという初心者には嬉しいことばかりの銃となっています。
特にサバゲフィールドまでの持ち運びは、車を使わない人にとっては結構重要で、重いと行きはともかく帰りが地獄を見ます・・・


そんな正直メリットしか無いように見えるMP7A1にもデメリットは勿論有ります

それは、使用可能なバッテリー容量が少ないことと、純正のマイクロバッテリーだとレスポンスが遅いことです。

容量が少ないため、一日中ゲームに使用するためには、最低でも2本はバッテリーが必要です。
以前、ハンドガンとバッテリーを兼用できると書きましたが、裏を返せば長物電動ガンに使うような容量の大きなバッテリーを使うことができないのです。
しかし、解決策は勿論あって、外部にバッテリーケースを装着することで容量の大きなバッテリーを使うことが可能になります。


まぁ自分は、容量の問題はさほど重要じゃないかなと考えています。
ですが、二つ目の純正マイクロバッテリーだとレスポンスが遅いデメリットはかなりインパクトのある問題だと思います。

レスポンスが遅いと言う事は、自分が敵を見つけてトリガーを引いてから弾が発射されるまでの時間が遅いという事です。
つまり、自分と相手が同時に弾を撃った場合、相手の弾の方が速く自分に届いてしまうという事です。
また、これにより気持ち長めにトリガーを引いていないと弾が発射されず、ストレスになることが多々あります。
(ウィーン、パン!で発射されるため、ウィーンの間中トリガーを引きっぱなしにしていないといけない)

要するにレスポンスが遅いと撃ち負けてしまう事が多いのですね。
しかし、これもリポバッテリーを使用することで解決できます。

ただし、リポバッテリーは東京マルイが設計の際に想定していないバッテリーのため、使用は自己責任となります。
リポバッテリーの使用による故障の場合、メーカーによるサポートが受けられない場合があります。

さらに、リポバッテリーは大きな電流を流してレスポンスを改善しているため、内部のメカやパーツにかかる負荷が増加します。
端的に言ってしまうと壊れやすくなる、という事です。
また、リポバッテリーは使用方法を誤ると爆発や炎上する危険性があるので、適切な管理が必要となります。

しかし、これらの点を理解した上で運用すればリポのもたらす恩恵は素晴らしいものです。
ウィーン、パン!が、ウパン!になるくらいレスポンスが改善されます。)

自分の感覚ですが、MP7A1の場合、電動ハンドガンのG18Cと比べても純正マイクロバッテリーを使用した場合のレスポンスが遅い気がします。
ゲームでメインアームとして使用するなら、リポ化は必須と考えます。


以上のデメリットはあるものの、それを補って余りある性能と魅力がMP7A1にはあると思うので、銃選びの参考になればと思います。

最後に、MP7A1を買うならこれを一緒に買え!というものをご紹介します。


①リポバッテリーとリポ用バランス充電器、変換コネクタ、バッテリーチェッカー
②スリング(あると便利)、スリングスイベル(カラビナでも可)
③ドットサイト


①はリポ運用に必要なものです。
変換コネクタはハンダ付けの技術があり、純正マイクロバッテリーはもう使わないよという方には必要ありません。
MP7A1に関して言うなら、初めからリポで運用した方が良いと思うので、純正バッテリーや充電器は必要ないかと思います。(値段もそれなりにしますし・・・)

②はあると便利です。
軽いのでスリング無しでも一日駆け回れますが、あるとさらに負担が減ります。
スイベルは、MP7A1の場合ついてはいますが穴が小さいため、カラビナ等を挟んでやる必要があります。

③もあると便利です。安い物なら2000円〜3000円で買えます。
せっかくマウントレールが標準装備されているのですから、ドットサイトをつけるとGoodだと思います。
自分もドットサイトを付けてみたのですが、かなり狙いやすかったです。
(特に長時間構えながら狙いをつける時など)



とりあえず、書きたいことは書き終わったかな・・・
後日、アウトドアで使用した感想をHellbreakerと共に書きたいと思います。

MP7A1、おすすめですよ!
スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[サバイバルゲーム]  thema:趣味と日記 - genre:趣味・実用
comment
comment posting














 

trackback URL
http://turezure22.blog86.fc2.com/tb.php/488-aba3ec51
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。