アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 和
 
[スポンサー広告
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ-叛逆の物語- 感想
映画公開日から結構経ってしまいましたが、ネタバレに怯える日々と一刻もサヨナラしたかったので見てきました。

やはりすごい人気ですね!
朝一番で行ったのにほとんど席が埋まってました。

総集編の映画の時もそうでしたが、やはりまどマギの人気は侮れない・・・
予約しなくても大丈夫だろうとか生易しい考えはもう捨てます。

劇場でもらえるフィルムシートはマミさんの登校シーンでした。
ツイッターではQBの目だけが延々とプリントされてるものとかありましたが、普通ので良かったです;;

しかし何というか、アレはアレで話が完結していたから続きが出ると聞いた時は、蛇足な感じにならないか若干心配でした。
まぁ、色んな意味で裏切られることになるんですけど。


という訳で、ネタバレ満載な感想はこちら↓
叛逆の物語・・・

「叛逆」・・・?

叛逆=反逆らしいです。読み方は「ほんぎゃく」だそうですが。

反逆ってなんだ?ほむほむがまた時の流れに逆らってまどかを助けるとかそういう意味なのかな?と勝手に推測していたのですが・・・

そのまんまの意味かよ!!!

ちくしょう本当にまんまじゃねーか!
深読みのし過ぎが仇となりましたね・・・いやはや。

こう、ドラッグオンドラグーンのカイムみたいに、世界を助けるために世界に囚われたアンヘルを助けるため世界をぶっ壊すみたいなそんな感じなのかしらと思ってたんです。

まぁ多分あながち間違いでは無かったのですが・・・


前半はすごくいい話でした。

一応、ほむほむとマミさんが対峙したり、ほむほむが魔女化したり色々ありましたが、結果的にほむほむがやっと救われる形で魔法少女たちの話は終わる・・・

はずでしたが!

そこで終わらないのがまどマギですよね。

まさかのほむほむ悪魔化。

魔女を通り越してしまいました。

相当溜まっていたのでしょうね。
ループで繰り返し受けた痛みさえも愛おしくなってしまったらしいです。

Mに目覚めてしまったのかと思いきや、そんなの序の口でした。
ほむほむがまどかに抱いていた感情、それは

「呪いなんかよりも強いもの・・・それは、愛よ(ドヤァ

ついにヤンデレズと化してしまったほむらさん。
劇場にお越しの皆さんの前で壮大なカミングアウト

QBに、「あなた達にはわからないでしょうね」とか言ってましたけど多分QBじゃなくても分からないのでは・・・

ついに公式でクレイジーサイコレズとなってしまったほむらに、QBでさえもさじを投げる始末。

無理やりまどかの1部を引き千切って自分の殻の中に閉じ込めてしまったシーンでは、まどかが「裂けちゃう////」なんて言うもんだから、もうそういう意味にしか取れませんでした。

童貞ほむらさんが長いことお預け食らった結果がこれだよ!

まどかもほむほむの突然のヤンデレズ化にドン引き

魔法少女一同「ダメだこいつ、早くなんとかしないと・・・」
QB「もう諦めたよ」


前半の感動を返せとwww

ほむほむがヤンデレズとなったあたりからはもう笑しか起きなかったです。
ちょwwおまwww的な。

童貞レズは溜まりすぎるとああなるのか・・・

ほむニキ流石だなぁ・・・たまげたなぁ・・・
レズは嘘つきと言われてもしゃーないですわ

まどかを閉じ込めた後は、立場を逆転させてのプレイを楽しんでいるようでしたが、まどかさんが記憶を取り戻しかけると素早く察知してブロック。

アニメ本編との良い対比になっていて、あの時と同じなのに全く別物のような感じを受けました。


まどマギ新編は、立派なクソレズと化したほむほむの叛逆の物語でした。
まさかまどかさんを無理矢理自分のものにしてしまうとは・・・
クレイジーサイコレズに目をつけられると恐ろしいですね。

しかしながら、それほどまどかの事が好きで、一途な思いを長い間抱えていたんだなぁと思うと、ウッ・・・

劇中でも、一番好きだった友達は手の届かないところへ行ってしまって、しかもその子を覚えているのは自分だけと言う事がどんなに辛かったか打ち明けてましたし。

あと、ほむほむだけでなくまどかもみんなと離れ離れになって辛いと言っていたのが印象的でした。
まど神様もアンヘルと同じく寂しい思いをしていたんだなぁと・・・

その告白を聞いたからこそ、ほむらはまどかの意思を無視してまで救おうとしたのかもしれません。


愛は世界で一番強い力ですが、それゆえに一番危険な力でもあるわけですね。
それこそ、世界を滅亡させてしまうくらいに。

最後にほむほむがまどかにリボンを渡すシーンで、「これはやっぱりあなたのほうがにあうわ」と言ってたのも印象的でした。
あれはやっぱりほむらとまどかが対立するという事だったのでしょうか。

それにしても悪魔化したほむほむはやたらとエロティックですね。
なんかもう一々挙動がエロい。

最後のどんでん返しでほむほむの印象が悪くなってしまったような感じでしたが、個人的にはまどかに対する一途な思いを貫き通した結果だと思っているので、むしろ好印象でした。

しかしほむら悪魔化は、本来は無かった話だったらしいですね。
本当はほむほむがまどかに導かれて終わるはずだったらしいです。

確かに悪魔化以前でかなり話的にまとまってて、私もそこで終わるものと思っていました。
まぁ続編への布石のために追加されたならされたで、いいとは思いますが。
続編はまどかVSほむらの少年漫画的な熱い展開が期待できそうなので←


ほむほむショックが大きかったせいで、マミさんのパートナーがシャルロッテになってたことや、名前がシャルロッテではなくベベというわけのわからん名前になっていたことなど、細かい話がぶっ飛んでしまいました。

ほむほむ以外のことを書くと、マミさんTUEEEEEEEEEEと、さやかカッケえ!と言う感じでした。

豆腐メンタルとか言われていたマミさんですが、まさかあそこまでほむほむを弄ぶとは!

メンタルは豆腐かもしれませんが、戦闘能力はかなり高いですね!
さすがマミさん!


あとは本編で色々とやらかしたせいか、円環の理になって精神的にかなり成長したさやかが大活躍してました。

杏子とのタッグも決めてましたし、杏子への思いやりも見せていて、ほむほむが株を下げに来たのに対し、さやかはかなり上がったのではないでしょうか。
私はクレイジーサイコレズも好きなのであのほむほむも好きですが・・・

また、杏さやだけでなく、ほむ杏も見れたことが個人的にかなり嬉しかったです。
やはりほむほむは杏子を頼りにしてるんだなぁと思いました。

あと、あの踊りの変身シーンは何だったのかwww
杏子はやたら怖い感じだったし、さやかはブレイクダンスしてるし・・・

ひとみの話もリアリティがあってとても良かったのですが、なぜ生首www
ひとみを助けに行くさやかもカッコよかったですね。

前半の話はみんな幸せで、理想の世界だったのに何処と無く気持ち悪さを感じずにいられませんでした。
ナイトメアにとどめ指す時の儀式とかもそうですが・・・

そこらへんの、視聴者にさりげなく違和感を植え付けられるような演出は流石だなぁと思いました。
キャラの表情もかなり豊かで、特に悪魔化したほむほむの表情には目が外せませんでした。


ほむほむのせいで2時間に渡る壮大なクレイジーサイコレズ物語となってしまいましたが、グッドエンドにしないあたり、まどマギらしいなぁと思いました。

終わり方的に続きがあるような感じだったので、続編も期待です。


ところで、なんか今回のほむらを見てあるキャラがふと頭をよぎりました。

そう、キングダムハーツのリクです。

彼の場合、三角関係のもつれからくる何やらですが、仲間を思うあまり悪落ちして自らを闇の中に置くという。
まぁ、何となく浮かんできただけですが。

あとはカインとかかな・・・ほむほむはしょうきにもどった!

からくりサーカスやデッドマン・ワンダーランド、DODもそうですが、割りと「愛」を取り入れてるものはちゃんとその裏返しまで見せてくれるものが好きです。
つまり、ドロドロしたのが好きです。

そういう意味ではまどマギは最高ですね!
また何か思いついたら付け足していこうと思っています。
スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[魔法少女まどか☆マギカ]  thema:魔法少女まどか☆マギカ - genre:アニメ・コミック
comment
comment posting














 

trackback URL
http://turezure22.blog86.fc2.com/tb.php/462-da776e07
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。