アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 和
 
[スポンサー広告
「USTREAM」でゆっくり声付き配信のやり方
USTREAM」でゆっくり声付き配信のやり方を以下に書いておきました。
かなり長いので、お気をつけ下さい;;


USTREAM」は、上手く設定すればニコ生の誰でも無限枠バージョンのように扱うことが出来るので、とてもオススメです。
アンケート機能も標準装備なので、ものすごく便利かと。

ただし、外国のサービスだったものが、最近日本語訳されたので、少し扱いにくい場合があるかもしれません。



※最近、USTの仕様が変更になった関係で、情報を追加しました!(2011/05/10)


では、↓の「続きを読む」からどうぞ。
※UST仕様変更に伴う追加情報は、このページの最後の方に書いてあります。

USTREAM」で流れるコメントをゆっくりが読み上げてくれる設定にするやり方をメモしておきます。
※以下、「USTREAM」→「UST」と略します。


まず、以下のURLから、USTのアカウントを入手します。

USTREAM(日本語版)のページ】
http://www.ustream.tv/?lang=ja_JP


アカウントが取れたら、自分のページに行き、右に小さなボックスで「番組の新規作成」をクリック。

ここで、番組名を決めるのですが、番組名は多分半角英数で適当に決めます。
(カテゴリと番組タグは適当でおkです。)


これで、配信の準備はOK。次は、用意するツールを紹介します。


◆用意するもの◆

・『棒読みちゃん』:「ダウンロード」とでかく書いてあるのでそこをクリック。
・『LimeChat』:右のボックスの「LimeChat~」をクリック。
・『SCFH DSF』:下の「Download」の赤字の真下にあるものをクリック。


「LimeChat」は、こちらのビデオに従ってインストール・設定します↓
12分30秒くらいまでの内容でOKです。それ以降は無視してください。)

ここで、サーバのプロパティの設定をする時に、
代替ニックネーム欄は空欄
「ニックネーム」「ログイン名」「名前」を自分のログイン名
「サーバーパスワードを使う」にチェックを入れ、自分のパスワードを入力すると管理者権限が得られるので、下のオプションの設定をするときに便利です。



【初心者でも絶対にできるLimechat2の導入と使い方講座(WIN版)】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6544120

※ここで、チャンネルを追加する場面がありますが、チャンネル名は「番組の新規作成」の時に付けた名前を入れます。
正確には、USTの自分のページに行き、右にある「番組ページへ行く」をクリックし、移動したページのURLの「http://www.ustream.tv/channel/チャンネル名」のチャンネル名を入れます。
(※チャンネル名にアンダーバー『_』を使用してる場合、実際のチャンネル名は異なっている場合があります。)
#チャンネル名」と入れてください。♯は必須なのでお気をつけ下さい。



「LimeChat」の設定ができたら、「棒読みちゃん」と連携させます。
こちらのページを参考にして下さい↓
http://strium.net/bouyomichan_start/

上手くいかない場合は、こちらのページを参考にして下さい↓
http://chi.usamimi.info/Program/Application/BouyomiChan/Tips.html#IRC_LimeChat



※注意※
ここで、「BouyomiLimeChat.js」というファイルを「LimeChat」のフォルダに移動させる前に、少しだけいじります。
「BouyomiLimeChat.js」を「メモ帳」で開き、斜線で囲まれた「■設定」の中の、

//発言者の名前を読み上げるかどうか(true:読む, false:読まない)
var bNick = true;

の赤字部分を、var bNick = false; と書き換えます。
書き換えたら上書き保存して、上のページ通りにファイルを移動させます。

こうしておくことで、ゆっくりがユーザー名を一々言ってしまうのを防ぐことができます。


以上で、ゆっくりがしゃべる設定は完了です。


「SCFH DS」の設定については、こちらをご覧下さい↓

【Stickamでデスクトップ配信したいへの解説】
http://kaho.itjp.net/nanoha/file/stickam.html


以上ですべての設定は完了。いよいよ配信していきます。

まず、USTのアカウントを持っていない人でもチャットに参加できるように設定します。

USTにログインしたら、「番組ページへ行く」をクリックし、チャットで発言を入力するボックスに、
/mode #チャンネル名 -m」と入力し、「発言」ボタンを押します。

特に何も起こりませんが、これで誰でも匿名に近い状態で、チャットに参加することができます。
※この設定は、配信を開始するごとに毎回行う必要があります。

一々入力を行う手間を省きたい方は、こちらのページを参考にして下さい↓
http://9artz.jp/h/279/anony_irc_talk/
(『自動で匿名の制限を解除するマクロ』の場所です。)


次に、右上の「ライブ配信」をクリックしてライブ画面に移行します。
カメラ・マイクへのアクセス許可をするかどうか聞かれますが、「許可」を押します。

プレーヤーの下に、色々と設定するボックスがありますが、
「ビデオソース」→「SCFH DSF」
だけでOKです。音声を入れたくない方は、左の「音声配信」のチェックを外してください。


できたら、「棒読みちゃん」「LimeChat」「SCFH DSF」をすべて起動します。

「LimeChat」→「サーバ」→「接続」をクリックし、接続できたらUSTREAMの方で配信を開始して下さい。
コメントをゆっくりが読み上げてくれれば成功です。

終わるときは、「LimeChat」→「サーバ」→「切断」をクリックして、他のソフトもすべて閉じればOKです。


※ゆっくりがしゃべるたびに、「RemoteTalk.exe」が起動するので、そのつど「セキュリティの警告」が出てしまい、とても面倒になってしまう場合があります。
その時は、下の「この種類のファイルであれば常に警告する」のチェックを外して下さい。



※※UST仕様変更に伴う注意点※※
なんとチャットの発言欄が無くなってしまいました;;
しかしチャットはちゃんとできますのでご安心を。

こちらに動画での説明があります↓
http://www.ustream.tv/recorded/14429737


自分の配信画面で『チャットをポップアウト』をクリック。

出てきたページののURLをコピペ。

そのURLを他の見ている人たちに教えて、別ウィンドウで開いてもらう。
(番組の説明欄などにURLを書いておくとよい。)

これでアカウントを持っていない他の人たちもチャットに参加できるはずです。



◆おまけ◆
自分のパソコンで流している音楽をUSTで流したり、受け取ったゆっくりの声を流したい場合には、「ステレオミキサー」というものを使います。

ステレオミキサーの設定についてはこちら↓
http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/151.html



上手く出来ましたでしょうか?

上手くできなかったり、わからない事や質問などありましたら、Web拍手かこの記事へのコメントでお知らせ頂ければ分かる範囲でお返事します。



ではでは、ここまでお付き合い頂き、ありがとうございました!




<便利サイト&参考ページまとめ>


【棒読みちゃんTips】
http://chi.usamimi.info/Program/Application/BouyomiChan/Tips.html

【IRCクライアントでUstreamチャット】
http://usy.jp/ustream/index.php?IRC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%A7Ustream%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88

USTREAM Chat Manual】
http://studiosaw.web.fc2.com/Ustream_Chat_Manual/

【俺の弾丸はいつも全力疾走】
http://teba.ldblog.jp/archives/51616686.html

スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:1
[配信関連]  thema:みんなに紹介したいこと - genre:ブログ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://turezure22.blog86.fc2.com/tb.php/359-224e3377
trackback
黒木ノ水岩 「USTREAM」でゆっくり声付き配信のやり方
| プラダ アウトレット | 2013.07.13 20:44 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。