アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 和
 
[スポンサー広告
ワンダと巨像
中々楽しいです。

ICOから知りましたが、あいにくICOはまだお高いので買えません;;



以前も書いたかもしれませんが、ゴッドイーターと一緒に買ったのがコレです。

再廉価版が出て、さらにお安くなったので、以前から気になってたこともあり購入。


再廉価版のお値段は確か1800円くらいです。




どんなゲームかと言いますと、ワンダという青年が少女を生き返らせるために巨像をフルボッコにしていくゲームです。

あ、間違えました。

フルボッコにされるのはこちらの方でしたw


まーとにかく巨像のでかいことでかいこと。

剣とか弓とか本当に全く歯が立ちません。弱点を狙う以外は。


・・・というわけで、基本的に弱点を探してそこを集中的にフルボッコにするのですが、そのやり方がいかんせん他とはちょっと違いますね。


弱点を探すには、剣をかかげて光が集まる場所を探せばいいのですが、見つけたあとが問題。


弱点まで巨像の体をよじ登らなければなりません。

これがかなりの重労働であろう、ワンダにとっては。

なぜなら、

乳酸ゲージなるものがあるから。正しくは腕力ゲージですが。


こいつがなくなると、「ああ~もうムリ!!」ってかんじで、巨像にしがみつけなくなります。



しかし、自分、思うのですが、あんだけブンブン巨像に振り回されても振り落とされないワンダってすごいと思う。

並みの精神力と腕力と握力じゃないですよ、彼。


やってみれば分かると思いますが、「これぜってー振り落とされんべ。」ってくらいブンブン揺れてるのにすごい必死にくらいついてます。

ゲージがなくならない限り、どんなに振り回されても決して落っこちない彼はスゴイ。



しかし、こっちの腕力は相当低いので、やってると腕の内側の筋肉がピクピク痙攣を起こし始めてゲージがなくなるより先にボタンをおしっぱにする力がなくなるとゆう・・・ね。






とにかく、普通のアクションゲームとは一味違った感じで面白いです。


必死こいて巨像に登って、弱点をメッタ刺しにするときの快感といったらww



でも、案外、巨像が可愛らしい顔をしてるもんだから、「あ、ちょっとかわいそうなことしたかな・・・」って思ってしまいます。

ま、まさかこれが「最後の一撃は、せつない」ってヤツか!!?(違






地道によじのぼっていくのも中々に楽しいので、是非。

もちろん、独特の世界観と音楽もそれだけで充分楽しめると思います。




ただ、未だにアグロの手綱が上手く扱えないのは自分だけですか・・・OTZ
「アグロー!!」って呼ぶしぐさがなんだかDODのアンヘル呼ぶときの感じに似てるので、思い出してしまいました。


カイムはしゃべれませんが、きっと心の中では「アンヘルー!おいでー!」とか思ってるんでしょうねww
スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[ゲームプレイ感想]  thema:ゲームプレイ日記・雑記 - genre:ゲーム
comment
comment posting














 

trackback URL
http://turezure22.blog86.fc2.com/tb.php/277-61f2e7ec
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。