アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
ルクス・ペイン
これまた随分昔に発売されたゲームであります。

よく中古などで、結構な安価で売られていることが多いような気がするのですが、それはあんまりだっ!まぁそのおかげで出会えたんですけどね;;

ジャンルは、アドベンチャーですね。
正式にはジュブナイル・アドベンチャー・・・とかなんとか。

内容がとにかく暗いです。
というか、扱っている内容が中々哲学的というか、ぶっちゃけ「自殺」とかそんなもんばっかなんです。

つまりは、「鬱ゲー」と・・・。

しかし、それほど鬱になるようなゲームでもありません。

キャラがぶっ壊れているというよりは、「何かに感染されて」ぶっ壊れているので、DODやRORのような心地よい鬱にはなりません。ていうか鬱にならないよ別に。


あとは、とにかく長いです。

自分はこれクリアするのに3日もかからないだろうと思ってたのですが、一回詰んだおかげでもう一回やり直す羽目になったせいか、もうかれこれ一週間ぐらいプレイしてまだ終わりません。

あれ、しかもこれ2週目とか分岐とか多いにも関わらず、テキストのスキップ機能が無い・・・
(一部のイベントシーンを飛ばせるだけ)

こ・・・これはキツイですねOTZ

逆転裁判みたいな形式がアドベンチャー的にはいいと思うんですけどね。
章ごとに選択して見れるとかね。



そんな感じで、ゲームシステムはと言いますと、画面を削って思念を探り当てる・・・みたいな感じです。
ボス戦みたいなのもありますが、正直手が疲れるだけ・・・です。

そんなことより。


このゲームの最大の魅力は、「キャラクター」と「音楽」です。

特に音楽はスゴイです。
自分は大好きな感じですね。切ない曲が多いので。

あとは、声優さんが結構出てますね。
有名どころでは、宮野真守、中村悠一、子安武人、緑川光、高橋美佳子、名塚佳織、能登麻美子、etc・・・


キャラクターでは、ぶっちぎりで「神代 ナミ」が大好きです。
ちなみに彼女の中の人は能登さんです。

・動物と話せる
・意外にぶっ飛んだ思考をしてる
・妹なのに姉よりもある意味しっかりしてる
・自由人
何より一番かわいい「お兄ちゃん」はある種タマランものがありま(ry

次に山瀬姉妹とか謎の美少女とか御堂親子がすきです。謎の美少女はナミと同じくらい可愛いです。
緑のメタボ先生も好きです。最初はオドとか何言ってんのコイツ頭おかし(ry
・・・と思ってましたゴメンナサイてんてー´`

基本的に、イケメン・美女率がハンパねぇので、全員好き。
嫌いなキャラはいませんね~。それぞれ個性的なので。

ただし、動物虐待はダメ、絶対。
エピソード19らへんは泣けますね・・・動物ネタは涙腺崩壊。

このゲームの絵師さんに敬意を表します。

あんだけの立ち絵はスゴイ。

意外とキャラが多いにも関わらず、顔だけでなくちゃんとポーズも変わるのはスゴイですね~。
このバリエーションの多さには感動しました。
絵柄も自分の好みなので、さらにテンションが↑↑



まだ全クリはしていませんが、もうちょいでクリアなのでがんばります。
クリアしたらナミでも描こうか・・・
スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[ゲームプレイ感想]  thema:ゲームプレイ日記 - genre:ゲーム
comment
comment posting














 

trackback URL
http://turezure22.blog86.fc2.com/tb.php/260-ba95fbe2
trackback