アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 和
 
[スポンサー広告
サバゲ用のエアガンについて
サバゲを始めた方なら、誰しも思うはず。
自分のエアガンが欲しいと。
正確にはエアガンではなくエアソフトガンと言うらしいです。

しかし、次にどの銃を買うか?という問題にぶち当たります。

ここは未だに悩んでいるところです。
数々のレビューや動画を参考にしても、どれにするか一向に決まりません。

なので、とりあえず自分が銃選びで重視したいポイントをメモしておくことにしました。


<ポイント>
・夏でも冬でも使用可能
・軽量
・次世代電動ガンと渡り合える
・命中精度が高い
・見た目がカッコいい
・程よい長さで取り回しがし易い

上記に当てはまる電動ガンは、今のところ下記のものかなぁと思っています。
・AKS74U
・SCAR-L CQC
・HK416C
・CQB-R

特にAKS74Uは要求事項を大体満たしているので、これが良いかなぁと思ってます。
ただし、見た目的にSCARやHK416の方が好きなので、どうしようか迷ってます;;

すべて次世代シリーズで、お値段も結構するため悩みどころです。
巷では、HK416Dとかかなり評判良いんですが、如何せん重いしなぁという事で外してます。


また、ハンドガンではトリガープルの重ささえ何とかできれば、SOCOM mk23にしたいと思ってます。

今は電動ハンドガンのGLOCK18Cを使っていますが、やはり長物相手だと飛距離も速さも足りなくて撃ち負けてしまう事が多いです。
ただセミフル両方撃てますし、100連マガジンもありますし大好きなので、改造やメンテナンスを勉強してグロッグのみで戦えるようになりたいところ。
スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[サバイバルゲーム]  thema:趣味と日記 - genre:趣味・実用
サバゲ始めました
長年やってみたかったサバゲを最近始めました。

感想から言うと、超楽しい!!!!

初心者は、敵を発見できず一発も撃てないうちに死ぬかタイムアップになることが多いそうですが(実際、自分もそんな感じでした)、ただ銃を持ってメタルギアのスネークのように障害物に身を隠したり移動するだけで楽しい。

翌日にはもれなく筋肉痛になりますし、参加費も安いわけでは無いですし、フィールドまでの距離は遠いですし、銃は重いですし、直射日光の中長袖長ズボンで汗だくになりながら走り回りますし、泥や砂で汚れますし、至近距離から撃たれるとマジで痛いですし、開始3分くらいで即死するなんてよく有りますし、1人もキルできずに終わることもありますし、一見デメリットしかないように見えますが、これらを考慮したとしてももう一回行きたくなる程面白い!

一緒に行った友人も皆、面白かったからまた行きたいと言ってました。
まぁ、そのくらい面白いわけです。(個人差はあると思いますが)

しかも、ぼっちコミュ障でも大丈夫!
定例会は1人から参加可能ですし、ゲームも同じチームの人とコミュニケーションを取る必要がありません。
(ゲーム中にどこに敵がいるか等、軽い情報交換ぐらいです。)

何より、実銃に限りなく近いエアガンを撃つのは良いストレス発散になりますし、気持ちいいです。
夏休みも近いことですし、思い出作りに一回行ってみてはいかがでしょうか?


自分もサバゲに行ったのは2回ぐらいしか無いのですが、参加して思ったことを上げたいと思います。

サバゲフィールドでは、大体装備一式をレンタルできてしまいます。
そのため、何も持って行かなくてもサバゲを楽しむことができます。

ただし、フィールドによって細かい装備などレンタルしてない場合があるので、あると便利なものを紹介したいと思います。

<フィールドでレンタルできるもの>
下記の装備は、どこのフィールドでも大体レンタルできると思います。

■ウェア上下
■エアガン
■フルフェイスゴーグル


<必須装備>
下記の装備は、レンタルできる所もありますが、あるとかなり便利です。
■マフラー or タオル
首周りを守ってくれるものです。
人間の首周りはとても柔らかいので、当たると非常に痛いですし、アザになりますのであるとGOOD。
タオルなんかは汗を拭うときにも使えるので、複数枚持って行くと良いです。

■スリング
銃を肩から掛けて吊るしておけるものです。
これはあると非常に便利。なぜなら、重い銃を手でずっと持っている必要が無いから。
これがあるのと無いのとでは、腕や手への負担がかなり違います。
価格も1000円前後で買えるのでオススメ。

■運動靴
ブーツをレンタルしているところもありますが、やはり履きなれた靴のほうが動きやすくて良いと思います。
砂などが入りやすいため、ハイカットタイプ(足首ぐらいまで保護できるもの)がオススメ。

■ニーバッド
レンタルできるところもありますが、そうでない場合、用意したい装備です。
サバゲでは、よく膝をついた姿勢になることが多いので、無いと結構痛いです。
価格も2000円前後なので、購入をオススメします。



また、極力安価に済ませたい!という方は、ぶっちゃけエアガンのみのレンタルでOKだと思います。

ウェアも森林フィールドでない限り、迷彩効果は殆ど無いため私服でOKです。
あと、個人的にレンタルのウェアはボタンが取れてたり、チャックが壊れてたりするため、可能な限り服は自前が良いと思います。
(GUなどで、迷彩柄のシャツやパンツが1000円くらいで売ってますし。)


と言っても、やはり実際にフィールドに来て他の方の装備を見てると欲しくなってしまうんですよね^^;;
雰囲気を楽しむのもサバゲの醍醐味なので、いいなと思った装備を買い足して揃えていくのも楽しいかと思います!

閉じる▲

Posted by 和
comment:0   trackback:0
[サバイバルゲーム]  thema:趣味と日記 - genre:趣味・実用
大正新聞記者見聞録のお知らせ
あくまでも、予告です。

いつだったかのパワポケギャルゲ企画のように体験版止まりで忘れ去られるかもしれません。
(忘れてはいないので、いつか完成させたいとは思っています。思っていますとも・・・)

クトゥルフに以前ハマった関係で、「あれ?クトゥルフってパワポケの大正冒険奇譚編にベストマッチじゃね?」と思ったのがきっかけです。

実際、パワポケ7裏のクエストにはクトゥルフ関連のものもありますしね。

さらに、TRPGということでADVゲーム形式に落とし込みやすそうだという安易な考えでした。
やはりノベルゲーよりは何らかのゲーム性を持たせたいなと思っていたので。
(そのせいでかなり制作は難航しているのですが・・・)


そんなこんなで、実は水面下でせこせこ作っておりました。

前の企画のゲームからだいぶ進化?して、システムカスタマイズを行っているので、セーブ画面やロード画面、テキストウィンドウやそこら辺が結構かっこ良くなってるんじゃないかと思います。
(全ては素材提供サイト様のおかげです。ありがたや・・・)


ここで記事を書いておくのは、忘れないためと制作のモチベーションアップのためです。

ようやく立ち絵もメイン主人公二人分が揃ったので、スクショを上げられる・・・!
本当に長い戦いだった・・・(詳細は「続きを読む」にて)

ゲーム画面のイメージはこんな感じです。

↓プレイ画面。
大正記者スクショ1
↓プレイ画面。実は本編にこんなセリフありません。
大正記者スクショ2
↓セーブ画面。サムネが加わって文字だけのより見やすくなりました。
大正記者スクショ3


果たしていつ完成するのか!
今年中目処にはしています。乞うご期待!


今回、NScripterをもうちょっと勉強して、ちゃんとセーブやロード画面をかっこ良くしたり、環境設定画面をつけたり、本格的な機能を実装してみよう!と思い作り始めました。

いやー、システムカスタマイズ、非常に難しい。
難しいというよりめんどくさい。

Luaが使えればそこら辺がきっちりできるのでしょうが、サブルーチンの使い方が下手なせいでゴチャゴチャしてしまいました。
結果、バグの大量発生。トホホ・・・

正直な所、このゲームの根幹部分を作るのにかなり時間がかかってしまいました。
立ち絵なんて数日前に描いて大体2日で1人完成だったもんな・・・・

立ち絵があると、自分で自由にキャラの表情とか変えられてモチベーションも上がりますね!
もっと早くに描けばよかった・・・


完璧主義の気があるせいで、立ち絵はねりにねった完璧な下書きの元、作成しようと思っていましたが、そんな悠長な事を言ってるといつまで経っても完成しないので、立ち絵は結構適当です。

しかし、表情がコロコロ変えられるせいか、自分で微妙だなと思っていた立ち絵にも愛着が湧いてきて、今では結構好きかもしれません。


最近、大逆転裁判やジョーカーゲームなどで大正時代っぽい雰囲気の作品に触れる機会があり、大正新聞記者見聞録を作るにあたって調べていたこともあって、大正時代が結構好きになってきました。

あのなんとも言えない和風フォントや音楽、雰囲気などなど。
着ている服もいいですよね。タマちゃんが被ってるよくわかんない帽子とか。

しかし、意外と大正時代の素材って少なくて困っています。
背景とか、フリーフォントとか・・・
誰か知ってたら教えてほしいです。

また、この時代の服装って中々難しいんですよね。
特に智美は元のグラフィックを見ても、大正っぽい服にするのが私の貧弱な想像力では無理でした。
誰かデザインして下さい・・・


とにかく、今回完成させようと思っているプロローグ的な話は、実は時代背景とか一切関係ない話なので、大正時代の雰囲気とかどうでもよかったりします。
というか、素材がなさすぎてそうなってしまった部分もゲフンゲフン。

ですが、以降作成予定のエピソードに関しては、ちゃんと帝都を冒険させたいなと思ってます。
ゲームに出てくる大神とか、鋼とか、詩乃とか・・・
後は、ゲームには出てこないけどシリーズでは出ているキャラとかも大正時代バージョンで出したいなぁと考えています。
何のキャラかは、まぁ私の好きなキャラですよ分かるでしょう?


というわけで、今回はこの辺で。
モチベ維持のために、これから制作の途中経過を上げてく予定です。(あくまでも予定ですが。)

閉じる▲

Posted by 和
comment:0   trackback:0
[NScripter]  thema:パワポケシリーズ - genre:ゲーム
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。