スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バグズと仲間たち


評価(C〜S):A
プレイ人数:2〜8人
プレイ時間:5分
ルール難易度:易しい
大きさ:中




★ルール概要★
ルールは簡単です。
同じ種類のバグズを3匹集めればいいだけ。

色は関係ありません。同じ形のバグズを3匹集めると点数になります。
IMG_2621.jpg
3匹1セットで3点貰えるので、↑の写真の例だと3点×2セット=6点となります。
逆に、3匹揃えられなかった場合、そのセットにつき-1点の減点となります。

IMG_2620.jpg
↑の写真のように裏返しでセッティングし、「よーいドン!」の合図でみんな一斉にバグズを探し始めます。
このとき、タイルは一枚ずつしかめくれず、めくったタイルは裏返しで場に戻すか、自分の空いている方の手に裏向きで置く事ができます。

真ん中のトロフィーが取られた10秒後にゲーム終了となり、自分が獲得した(手に裏向きで積まれている)タイルを公開して得点を計算します。
トロフィーは早い者勝ちで、書かれている数字分をボーナスとして得点に加算します。


★感想★
このゲーム、何が面白いかと言うと、「今自分、何のバグズを集めてるんだっけ???」と分からなくなる事が多々あるのですね。

トロフィー獲得の関係もあり、一種類ずつバグズを集めようとすると遅いので、何種類かに絞るパターンが多いのですが、そうすると自分が集めているバグズが意外と分からなくなります。
深夜テンションやお酒が入ってる時なんてもう得点より減点の方が多い始末。

「そんな馬鹿な」と思うかもしれませんが、結構形が似ているバグズがいたり、ルール概要では触れていませんが、実際は全タイルの中からランダムにいくつか抜くので、「ああ!こいつ見つからないんだけどぉ!?」という事も良くあります。

そんな感じで、ルールはシンプルながらも意外と盛り上がり所は多く、バグズをどう集めていくか等の戦略性もあったりするので面白いです。
ボードゲーム初心者やパーティーゲームがしたい方にオススメ!
スポンサーサイト

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム

  • 2016/01/03(日) 18:46 |
  • アナログゲーム |
  • cm:0 |
  • tb:0

プロフィール

和


Author:和
ほとんどtwitterにいます。
絡んでやると喜びます。

カテゴリ

Twitter

※配信のお知らせはTwitterから↓

UST配信お知らせ

ride-wa

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。