アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
Macのおすすめテキストエディタ
Macを買ったのは前回も書きましたが、OSが変わると当然使用するエディタも変わってきます。

特に今まで使用していたサクラエディタは、NScripterの命令をハイライトしてくれたり、マクロでコード書きながら実行できたりと至れり尽くせりだったのですが・・・

Macではサクラエディタが使用できません。
(厳密に言えばできるのですが、タブ機能が使用できません。)

Oh・・・と、途方に暮れていたところ、素敵なエディタを見つけてしまいました。
今回はそのエディタをご紹介したいと思います。

その名も、「ATOM」
手塚先生のキャラではありませんが、同じくらいパワフルなテキストエディタです。

何と言っても、デザイン性、拡張性に優れている高機能エディタです。
他にも色々エディタは試してみましたが、ATOMがあれば他は特に必要ないくらい便利です。

サクラエディタの見た目をかっこ良くしたバージョンという感じでしょうか。
個人的に、サクラエディタと異なり開いているファイルのフォルダまで表示してくれるのは非常に助かります。
イメージ的にはVisual Studioのような感じです。

ちなみに、NScripterの命令もちゃんとハイライトしてくれます。(コレ重要)


導入方法や自分が入れているパケージ等は「続きを読む」に記載しております。


ATOMは以下のサイトからダウンロードできます。
https://atom.io

基本的な設定やおすすめの設定は以下のサイトが参考になると思います。
http://blog.codecamp.jp/atom_utility/
http://mae.chab.in/archives/2579
http://qiita.com/k2works/items/1d25888fb3a05058e48f

とりあえず、インストールして最初にやることは、「日本語化」だと思います。
日本語化さえしてしまえば、設定などは使いやすいように設定すれば良いかと。

さて、日本語化するには「パッケージ」をインストールする必要があるのですが、ATOMではそれも簡単に行えます。
先ほど紹介したサイトにやり方が書いてあるので参照してもらえればと思います。

ATOMには非常に便利なパッケージが数多くありますが、結局どれを入れたら良いの?という事で、おすすめパッケージを紹介しているサイトを以下に挙げておきます。
kijtra.com/article/my-atom-packages/

↑のサイトで紹介されているパッケージを入れておけば大体OKかと思います。
ググれば他にもたくさんあるので、必要に応じて足していってください。

追記することがあるとすれば、「Toolbar」ぐらいでしょうか。
iconset: "アイコンセットの名前"
↑これを設定ファイルに書くことで、標準アイコン以外のものも使用できます。


そして、忘れてはいけないのが「NScripter」のパッケージ

language-nscripter2

これです。このパッケージを導入してください。
ダメ元でNScripterのパッケージを探してみたらありました。作成者様に感謝。

パッケージを導入すると、NScripterの命令に色がつくので圧倒的に見やすくなります。


その他、ATOMでNScripterを使用する時に便利なのが、
1.自動文字コード変換
2.ツールバーボタンからの.exe起動
3.ツールバーボタンからのリファレンス表示
4.タブ、ペイン分割
5.ゲームフォルダをプロジェクトに追加


2と4は以前記事にしたサクラエディタでマクロを使用する方法と同じことをATOMでできたら嬉しいという事で書きました。
ツールバーにファイルを起動するボタンやウェブページにジャンプするボタンを設定すれば同じようなことができます。

ただし、2についてはMacだとそもそも.exeファイルを指定しても起動してくれないので、やり方を模索中です。
(ただ、個人的にはボタンが無くともnscr.exe起動用のデスクトップを開いているので必要ないのですが・・・)

他にも色々快適に使えるような気がするので、見つけ次第追記していく予定です。

閉じる▲

スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[その他メモ]  thema:Macintosh - genre:コンピュータ
MacでNScripterを動かす方法
NScripterをMacで動かす方法についてメモしておきたいと思います。

NScritperはWindowsのプログラムなので、MacOSには対応していないのですが、そこはさすがのNScripter。
色々補助ツールが充実している訳です。

という訳で、簡単かつオススメな方法を紹介します。


1)Easy Wineを使用する
Easy WineはMacでWindowsプログラムを使用するために作られたツールです。
↓以下のサイトからEasy Wineをダウンロードします。
mattintosh.hatenablog.com/entry/20140706/1404653173

あとは、Easy Wineを上記のページに載っている通りにインストールすれば良いだけ。
具体的には、Easy Wine.appをデスクトップなりFinderのアプリケーションにコピーすればOK。
(途中でパッケージをインストールしますか?と聞かれるのですべてインストールする)

これだけです。簡単!

すると、今まで実行できなかった「.exe」ファイルが実行できるようになっていると思うので、「nscr.exe」を実行すれば良いだけ!簡単ですね。
この方法が一番簡単かつNScripterの挙動を再現してくれます。

ただ、NScripterが起動するまでに若干時間がかかるので注意。
デバッグする際に何度も再起動かける場合は少し面倒かもしれません・・・



2)ONSLauncherを使用する
もう一つの方法は、マルチプラットフォームで動作するONScripterを使用する方法です。
NScripterはWindowsのみですが、ONScripterはこれをMacやAndroid、iOSでも動くようにしたものです。

本来ならば、ONScripterのソースファイルを自分でコンパイルして使用するのですが、如何せん必要なパッケージのダウンロードなど面倒かつ上手くいかない場合があります。
しかし、Macの場合にはONSLauncherという便利アプリがあるので、これを使用します。

↓以下のサイトからONSLauncherをダウンロードします。
tmkk.undo.jp/onscripter/
(ダウンロードの項目にある一番上のZipファイルのみでOKです。)

使用方法などは中にあるREADMEに記載されています。

こちらも簡単でオススメな方法なのですが、実際のNScripterと挙動が異なっていたり、メニューバーが表示されなかったりするため個人的にはEasy Wineを使用する方法が良いかと思います。

Easy Wineを入れるとセキュリティ的に問題がありそうだと思う方はこちらの方法を使用すると良いと思います。



以上の2つの方法でMacでもNScripterが使用できるので、是非お試しあれ。
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[NScripter]  thema:ゲーム製作 関連 - genre:ゲーム
Mac book Airを買ってみました
かねてからの夢?であった、Mac book Airを買ってみました。
感想を一言で言うと、

ものすごく便利。

便利すぎます。なんだこれは・・・

まず、マウスが全く必要ありません。
すなわち、いつでもどこでも開いて快適に作業できるわけで。
最近ではベッドに腰掛けながら膝の上にMacを置いて作業してます。

トラックパッドと言って、WindowsのPCにもある、あのキーボードの下にあるパッドが便利すぎる。
このバッドで様々な操作(スクロール、ズーム、ページ切り替え等)が簡単に行えます。


また、Macならでは?の機能だと思うのですが、デスクトップをいくつも生成できるのが便利。
Windowsではデスクトップ画面は一つですが、Macの場合は複数作成できます。
つまり、2つモニタを置かなくても擬似的にPC内にモニタをいくつも作れる訳ですね。

もちろん、モニタを用意する場合と異なり、複数のデスクトップを同時に見ることはできませんが、デスクトップ間の切り替えがこれまた指4本同時にサッと動かすだけなので簡単
これ、本当に便利です。

自分の場合、ゲーム作る時などブラウザで作り方を見ながらテキストエディタを開いてコードを書く・・・という作業が多いわけですが、これをWindowsでやろうとするとブラウザとエディタを一々マウスを動かして切り替えなければなりません。(ショートカット等設定すれば別なのでしょうが)
これがMacだとパッドでサッサッと指を動かすだけの簡単切り替え
この快感は是非とも味わって欲しいところです。


まぁ、惜しむらくはやはり使えないソフトが多いことでしょうか。
やはりSAI等のプログラムはMacでは動かせないようですね。
Windowsを入れてデュアルブートにすれば良いようですが、お金がかかります。
無料でできる方法だと、WindowsPCをMac上でリモートで動かす方法もありますが、ペイントソフトを使用したい場合はあまりオススメできない方法だと思います。

しかし、これらの問題を補って余りある操作の快適さにすっかり気に入ってしまいました。
次にMacを買うときはWindowsとのデュアルブート用にメモリを8G以上積んだものを買いたいと思っています。

個人的にはMac買って正解でしたが、やはり今まで使っていたプログラムを使用すると色々設定が必要だったり使えなかったりで苦労したので、そこら辺を記事に書ければと思います。
第一弾として、MacでNScripterを動かす方法を後ほど記載する予定です。
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[雑記
| HOME |