アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
バトルカーニバル2013 スプリング
バトカニ2013スプリングに行って参りました。

いやー人が居るわ居るわ、相変わらずBW環境の大会は大盛況でした。
(1日前の殿堂は過疎ってたようですが・・・;;)

プラズマ団のカードも充実し、どんなデッキが流行ってるのかワクワクしながら行きましたが、EX中心かプラズマ団のデッキを使ってる人が殆どでした。(自分が対戦した限りでは)

そう言えばカメケルには会わなかったな・・・


自分はギギギアルコバルオンEXで参加したのですが、2連勝した所で死ぬほど苦手なダストダスミュウツーに当ってしまい、3連勝の夢は途絶えてしまいました;;

午前中の試合では、何故かコバルオンEXに「白銀の鏡」を貼るというプレイミスと言うのもおこがましい糞プレイをかます等、自分で作っておきながら環境に適応した回し方を把握してなかったので、それに慣れるのに一苦労でした。

午後の3on3チームバトルでは、流石に慣れてきたのか、冷静に判断して動けたので3連勝することが出来ました。
前のヴァンガードの記事でも言いましたが、バトルは個々に行なっていても、チームバトルで仲間が側にいるって楽しいですね^^


しっかし、当たる人当たる人みんなEXとかプラズマ団ばかりで、ギギコバにとってはかなり都合の良い環境だったように思います。
うまく扱えば、ほぼ完封することが出来ると思います。実際、完封で勝った試合もあった

メインアタッカーがEXまたはプラズマ団という今の環境では、ギギギアルでEXを封じ、「白銀の鏡」でプラズマ団を封じてしまえば、怖いのはダストダスと「どくさいみん」ぐらいでした。

立ち上がりの遅いギギコバですが、プラズマ団相手だと特殊エネが多いので「ホーリーエッジ」の良い的となり、相手のエネをトラッシュしつつ、その間にエネとギギギを立てる事ができるので、エネ加速手段の有無はあまり気になりませんでした。


そんな感じで、以下に使用したギギコバのレシピを載せてあります。
対戦してみて思ったことや回し方等も一緒に書いてみました。


≪コバルオンEX+ギギギアル デッキ≫

<ポケモン(14枚)>
ギアル(BW4) ・・・ 4枚
ギギアル(BW4) ・・・ 1枚
ギギギアル(BW1×2,PPD×2) ・・・ 4枚
コバルオンEX(BW7) ・・・ 3枚
コバルオン(BW2) ・・・ 2枚

<グッズ(22枚)>
ポケモンキャッチャー ・・・ 4枚
ポケモンいれかえ ・・・ 3枚
ヘビーボール ・・・ 3枚
ハイパーボール ・・・ 1枚
ふしぎなアメ ・・・ 4枚
まんたんのくすり ・・・ 1枚
かるいし ・・・ 1枚
白銀の鏡 ・・・ 1枚
ツールスクラッパー ・・・ 1枚
どくさいみん光線 ・・・ 1枚
エネルギー転送 ・・・ 1枚
ダウジングマシン ・・・ 1枚

<サポート(14枚)>
アララギ博士 ・・・ 3枚
アクロマ ・・・ 1枚
N ・・・ 4枚
ベル ・・・ 2枚
フウロ ・・・ 3枚
カトレア ・・・ 1枚

<エネルギー(10枚)>
鋼エネルギー ・・・ 10枚


スクラッパーをあと1枚は欲しいです。ダストダス対策以外にも「シルバーバングル」などの厄介な道具をスクラップにできるので。
鏡は環境に応じてスクラッパーに変えても良いと思います。
ギギギアルが落ちてしまうようなら、まんたん等をつりざおに変えるのもアリ?
スカイアローブリッジも1枚欲しい・・・す、スペースが・・・;;

ギギコバのキモは、いかにして素早くギギギアルを立てられるかにかかっています。
2ターン目にはどちらかのギギギアルが立っていることが理想です。
なので、ギアルは出せるだけベンチに出しておきます。(重要)

EX+プラズマ団の場合、EXではないプラズマ団のポケモンを狩り終えてしまえば、まさに無双状態。
コバルオンEXの「はがねのだんがん」でアブソル等を一撃で葬れるため、ギギギを立てた後はEX以外を狩ることに専念します。

今回の大会では、EX+プラズマ団という構成が非常に多かったため、「コバルオン」がとても活躍してくれました。
プラズマ団の攻撃を無効化する「白銀の鏡」をコバルオンに付ければ敵なし。

さらに、キュレムは鋼が弱点なので、うまく行けば「エナジープレス」でも倒す事ができます。
また、「シルバーバングル」を相手が付けている場合は、コバルオンEXを出さずにコバルオンで倒しに行くとより安全です。

コバルオンEXも非常に活躍してくれます。
3積みなのは、初手ギアルを避けるためもありますが、1エネで30飛ばせるので出来るだけ初手でバトル場に出しておきたいからです。
プラズマ団は特殊エネを多く使用するため、1エネでも打てる「ホーリーエッジ」でガリガリ相手の特殊エネを削る事ができます。

プラズマスチールのギギギアルに「白銀の鏡」を付ければ敵なし?警戒すべきはどくさいみんぐらいかも・・・
相手がプラズマ団の場合、「白銀の鏡」をコバルオンとギギギアルのどちらかに付けると良いと思います。

また、このデッキは「必要最低限のエネで倒す」事が重要になる場合があります。
つまり、「ギアチェンジ」のギギギアルが立っている場合は、エネが付いているポケモンが倒されても良いように、なるべく場のエネルギーの合計数が減らないよう調整して倒す、という事です。(逃げ用エネもキープできるので)

それと、実はギギギアルもアタッカーになり得る場合があります。
キャッチャーで呼ばれて逃げられない場合や、ギアチェンジできず、ギギギアルにエネが溜まっている場合は、思い切ってギギギアルで攻撃するのも手です。
「ヘビーバレット」は70ダメージでコインを投げておもてならベンチにも20ダメージという、中々良い技を持ってます。

今までACE SPECはパソコン通信しか使ってませんでしたが、ダウジングマシーンもデッキの省スペースには非常に優秀なグッズですね。
環境が多様化したため、ピン積みにせざるを得ないカードも増えましたが、ダウジングマシーンがあることによって、どのカードも2枚デッキに入っていると考える事ができます。
それゆえに使いどころはかなり慎重にならざるを得ませんが・・・

あと、個人的にトリプルレーザーの彼もどこかに入れてみたい気もします。
30ばらまきは気分的に爽快なので(笑)



何だか色々書き忘れてる気がするのですが、プラズマ団やEXに強いこのデッキ、今のたね無双環境に「No!」と言えるデッキなのではないかと思います。
EXとかいうたねポケモン達よ、2進化の力を思い知るがいいさ!フハハハハハハー!
今大会では2進化と対戦することはありませんでしたが、多分してたら負けてた・・・と思います。

閉じる▲

スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[ポケモンカード]  thema:カードゲーム - genre:ゲーム
タッグバトルのススメ
お久しぶりです。
久しぶりすぎて広告が出るようになってしまいました;;


今回は、ヴァンガードのタッグファイトについて少し書きたいと思います。
その名の通り、タッグを組んで2人対2人のバトルを行います。

ヴァンガードの場合、タッグファイト専用の特別ルールが公式から発表されています。
http://cf-vanguard.com/howto/tfrule/

タッグファイトでは、2人でダメージを共有します。
2人で合計9枚以上ダメージが置かれた場合に敗北します。

また、カウンターブラスト、ソウルブラストのコストを共有することができ、自分のVのグレード以下のガーディアンを味方に対してコールする事ができます。(ただしインターセプト、完ガは不可能)


つまり、どういう事かというと、
味方と相性の良いクランを選ばないとリアルファイトになるという事です。

味方同士で殴り合いは避けたいところですね。まぁそうも行かないんですが・・・


例えば、CBをよく使うクラン同士を使った場合、チーム内でCBの争奪戦になります← てへぺろは許されない・・・
あとは、味方の許可無く味方のCBを使ってしまった場合など。
(私はエンフェを使ってた友達にテキトーにCB使うな!と怒られました;;)


あとは、味方に「ガード足りないよ!何かカードちょうだい!」と懇願するとき。

友人「こいつを差し出せば、お前の命は助かるんだな?」
私「ああ、そうだ!早く差し出せ!」
友人「だが断る」
私「」


私「トリガー来たら死ぬしか無いじゃない!お前も!私も!!」

このようにガードを断られた時は運を天に任せる他ありません。
まぁ、そういう時に限ってトリガー来ちゃうんですけどね!そしてそのままリアルファイトに発展


・・・とまぁこのように、タッグファイトでは友達とワイワイ相談&ケンカしながら楽しくバトルする事ができるので個人的に非常にオススメです。

やはりチームで誰かと一緒に戦うのはとても楽しいです^^

まだやった事がない人は、友達を誘って是非一度タッグファイトを試してみて下さい!
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[ヴァンガード]  thema:カードファイト!! ヴァンガード - genre:ゲーム
| HOME |