アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
サバゲ近況
最近MTGの記事ばかりでしたが、サバゲも引き続きやってますし、ボドゲもちょいちょい集めてます。
趣味が増えていくのはいいんですが、モノが増えすぎて置き場がない・・・

まぁそれは置いといて、前から見た目が死ぬほどカッコいいな〜でも高いし、高い割にはあんまり良い噂を聞かないな〜と思っていた彼を衝動買いしてしまいました。後悔はない・・・

その名も、GC16 Predator(プレデター)!!

プレデターといえば、あのSF映画が思い出されるところですが、まぁそのフォルムが完璧な程カッコいい。
http://www.hyperdouraku.com/airgun/gg_gc16predator/index.html

上記のサイトの写真を見ていただければ分かる通り、何と言ってもカッコいいのがハンドガードの先端が獣の牙のようになっているところ
コレがカッコいいのなんのって・・・

本体部分やストック、グリップなど全体的なデザインもかなりスタイリッシュでカッコいいです。

さらに、フィンガーレスト付きの凸凹したデザインのかっこいいマガジンが最初からついてくる!
さらにさらに、フラッシュハイダーも2種類付いてきて、牙の中にかくれるものと飛び出しているものを気分によって付け替えられます。(自分は牙の中から飛び出してる方を使ってます)
さらにさらにさらに、個人的にカッコいいワンポイントが、セミフル切り替えのセレクター部分に溝が斜めに切られているところ。

とまぁ、カッコよさでは個人的に右に出るものはそんなにいなさそうなプレデター。
ずっと気になってましたが、購入に踏み切れなかった理由は、上記のサイトにもあるように、

・初速が遅い(80m/s)、飛距離が40m前後 自分のMP7A1より遅い・・・
・バネ鳴りがひどい
・11.1Vリポを使うと故障?する

・・・といった感じで性能面ではどうなのかしら、と思ったからです。

しかし、どうやらこれらは初期不良というか、発売初期の性能だった?のかもしれません。

モケイパドックさんで税込み3.7kくらいで売っていたので衝動買いしてしまいましたが、正直あまり期待はしていませんでした。
初速が遅くてもサイズも大きくないしインドアで運用できればいいか、最悪観賞用または室内シューティングで使うかなと思っていましたが・・・

いざ届いてみて初速を計測してみると、90m/sオーバーでした。
ファッ?!

しかも、噂に聞いていたバネ鳴りも殆ど気にならない程度・・・

バネ鳴りや初速の件は、日本向けに短い?スプリングが入っているからと言われていた気がしますが、もしかして、再出荷されたバージョンでは、スプリングが交換されているんだろうか?

ただ、まだ11.1Vのリポでの運用はしていないので、そこが少し心配かな・・・
初期出荷のものではピスクラしたらしいので、ちょっと不安。
なので、自分は7.4Vの安全運転で行こうかなと思います。


というわけで、懸念事項もほぼ無くなり、電子トリガーによるキレッキレのトリガーレスポンス、MOSFETによるスイッチ焼けの不安解消・・・あれ?これは最強なのでは?

まだ屋外では使ってませんが、少なくとも室内サバゲで使った感じ、全く問題ありませんでした
屋外で使ってみて満足できれば、見た目良し・性能良しの個人的最強アームとなるでしょう。

Hellbreaker?ああ、そうね・・・調整中、調整中。


自分用のメモですが、現在所有している電動ガンの初速とカスタム内容をまとめてみました。
初速は全てホップ無し状態のものです。

■GLOCK 18C 電動ハンドガン(東京マルイ)
・初速:80〜83 m/s
・気密:パッキンとバレルの接合部をシールテープで巻いただけ
・インナーバレル:PDI RAVEN 01+超精密インナーバレル
        (全長:182mm、内径:6.01mm)
・シリンダー:フルシリンダー(NINE BALL)
・スプリング:パワースプリング(NINE BALL)

■MP7A1 電動コンパクトマシンガン(東京マルイ)
・初速:87〜88 m/s
・気密:パッキンとバレルの接合部をシールテープで巻いただけ
・インナーバレル:NINE BALL MP7A1 コンパクトマシンガンバレルロング
        (全長:215mm、内径:6.03mm)

■GC16 Predator 電動ガン(G&G)
・初速:93〜94 m/s

閉じる▲

スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[サバイバルゲーム]  thema:趣味と日記 - genre:趣味・実用
MP7A1をアウトドアフィールドでも使ってきました
電動コンパクトマシンガンのMP7A1をアウトドアでも使って来ました。

結論から言うと、強かったです。

昔のMP7A1は性能こそ良かったものの、初速が遅くM4やMP5等のフルサイズ電動ガンと比べるとどうしても打ち負けてしまうことが多かったそうです。

しかし、最近発売した電動MP7A1タンカラーの初速は箱出しで85m/s、使い続けて初速が落ちて来ても83m/sと、電動ガンとほぼ同じくらいの初速が出るのです。(ホップ無し)

飛距離も全く問題なく、むしろ電動ガンよりよく飛んでるし当たってるのでは?と思ってしまうくらいの性能。
(友人の次世代電動ガンも触らせてもらいましたが、遜色なく飛んでる気がします…)

正直、コイツ一丁だけでオールオッケーなのでは?と言うくらい良いです。


そんなわけで、箱出しでも十二分に使い続けられるとっても優秀なMP7A1ちゃん。
初心者には十分すぎる性能なので、内部カスタムなんぞ必要ないんじゃなかろうか…

本当、電池をリポ化するくらいしかやらなくていいと思います。
7.4Vの電動ハンドガンにも使えるリポバッテリーならスイッチ焼けも無いと聞きますし、実際自分もリポしか使ってませんが特に問題なく使えてます。
※追記
スイッチ焼けは7.4Vのリポでも起こりました。
が、粒の細かい紙やすりでスイッチの焼け部分を磨いてやり、接点グリスを塗ることで簡単に復活させることができましたので、そこまで問題ないかと思います。


また、一日中使うならリポバッテリー二本必要と書きましたが、実際2本目を使った試しがあまりないので、一本で行けちゃうと思います。
ただし、その時はバッテリーの残量管理に気をつけてください。
(自分は使いすぎて一本ダメになりました・・・;;)


ちなみに素人が内部カスタムするなら、ロングバレル化をお勧めします。
電拳さんでも言われてますが、下手にメカボ開けてパーツ無くしたり戻せなくなったりするよりも、最小限の分解で尚且つ効果のあるバレル交換がよろしいかと。

ちなみにロングバレルにすることで、初速は83→90と7m/sくらい上がりました。(ポップ無し)
ただし、ポップをかけると電動ガンよりも初速の落ち幅が大きいため、86m/s程度に落ちます。

コンパクト電動ガンのカスタム方法や分解方法は電拳さんのHPを参照下さい。
http://den-ken.net
また、今回入れたロングバレルはこちら↓
http://www.first-jp.com/items/10/02/03/detail.php?itemcode=1002NIN00033



という訳で、内部は殆ど手を付けなくていいMP7A1ですが、外部のカスタムではライラクスさんでこれまたカッチョいいポン付パーツがありまして…

値段はお高いのですが、MP7A1がとてもカッコよくなります!
201610132129130d7.jpg


エクステンションフレームはロングバレル化した際に飛び出るバレルも隠してくれますし、レールが延長されるので拡張性がアップします。
http://www.laylax.com/product/mp7exframe/

ストックベースは、M4のストックを装着可能にしてくれるので、付属ストックが使いづらいという個人的弱点をカバーしてくれます。
付属ストック、良いんですけど肩に当てると小さいしプラスチックだから痛いんですよね…
http://www.laylax.com/product/mp7stockbase/

そんな訳で、拡張性をさらにアップできるこれらのパーツはお金に余裕があれば是非つけてみて下さい!
特にストックベースは便利かと思います!
20161013212900b1c.jpg

ちなみにストックはこちらのものを使ってます。
上記のストックベースセットでは、ストックによって最後まで短くならない場合があるのですが、これは最後までちゃんと短くすることができました。
https://echigoya-tokyo.jp/products/detail.php?product_id=10624


そんな訳で、MP7A1は確実にオススメできる1丁です!
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[サバイバルゲーム]  thema:趣味と日記 - genre:趣味・実用
電動ハンドガンG18Cのカスタム
MP7A1はノンカスでも性能十分ですが、電動ハンドガンのG18Cは残念ながらそうは行きません。

ただし、電拳さんにもあるように、カスタムすることでハンドガンとは思えない性能を発揮します。

ハンドガンの特徴と言えば、最も軽く取り回しやすい反面、初速や飛距離で電動ガンより劣る事でしょうか。
初速に関しては電動ガンに比べ10m/s以上開きがあります。

しかし、ちょっと手を加えてやるだけで、この差は劇的に縮まります。

それは、「気密取り」と「ロングバレル化」です。
どちらもメカボを開ける必要なく、簡単にカスタム可能な上、効果は絶大です。

私のグロックは元々初速が65m/sくらいしか無かったのですが、これらをやる事で85m/sと、20m/sもの初速アップに成功しました。

とはいえ、私の場合上記の2つに加えてフルシリンダーとパワースプリングを導入していたのでこの初速になったのかもしれません。
しかし、フルシリンダー、パワースプリング(へたってきて初速が落ちた状態)、気密取りを行なった状態でも68m/sと低い初速でしたが、ロングバレル化したところ85m/sまで上がったので、ロングバレルの効果が一番大きい事が分かると思います。

しかも、今回交換したロングバレルはMP7A1にも流用できるのでお財布にも優しい。
まぁバレルを一々交換するような事があるとは思いませんが…
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[サバイバルゲーム]  thema:趣味と日記 - genre:趣味・実用
MP7A1をインドアフィールドで使ってきました
結論から言うと、

素晴らしいの一言

もう、インドアならこれ1丁で事足ります。
多分アウトドアでもこれ1丁で事足りるでしょう。

強い、強すぎる!

インドアでヒットが取りやすい状況とはいえ、初心者の自分ですら1ゲーム3キルくらい取れる強さ。

飛距離、命中精度、取り回しの良さの三拍子揃った素晴らしい銃だと思います。

初めての相棒をMP7A1にして本当に良かったと思いました。
我ながらグッドチョイスだったなと。

次はアウトドアに連れて行って使用感を見たいとは思っていますが、インドアでは十分な戦果を上げてくれました。
最終的に10キル以上稼げましたし・・・


この銃、これからサバゲ始めたい!という方や、特に女性の方にはかなりオススメだと思います。

オススメポイントは以前の記事にも書いた通りですが、特に下記の点が初心者には嬉しいと思います。

①価格が2万以下と安い
②近距離〜中距離の戦闘に向いている。
③軽い


まず、価格。これは非常に大事だと思います。
エアガンは基本的に長物だと2万以上するものが多く、次世代なんかは4万近くするのがデフォルトです。
レンタルで済ませるのも良いと思いますが、レンタル銃は年季が入っているため、命中精度が落ちていたり飛距離が思ったよりも無かったりすることがあるので、自分の銃が欲しくなりがちです。

そんな中、初速・飛距離・命中精度共に長物に負けず劣らずな性能を持ちながら、2万以下で購入できるMP7A1は初心者が初めて持つ銃としてピッタリだと思います。


そして、近距離〜中距離戦闘に向いていること。
すなわち、インドアとアウトドアの両方でしっかりと能力を発揮できる、と言う事です。
また、遠距離だとスナイパーライフル等になってきますが、これらは初心者向けではないそうです。
理由は色々ありすぎて書ききれないのでググって下さい。

要するに、初心者向きの戦い方である近距離〜中距離戦闘に向いた銃であるため、オススメという訳です。


最後に、非常に軽いこと。
軽さは正義。重要なパラメータです。

サバゲでは、銃を持ちながら広いフィールドを駆けまわります
また、長いこと銃を構えたまま敵が顔をだすのを待ち構えている、なんてこともよくあります。
銃を構えるときも、軽いほうが早く構えやすいのは想像に難くないと思います。

ムキムキマッチョマンの変態なら問題ないかも知れませんが、体力に自信のない方や女性にとって重さは非常に重要になってきます。
もしかしたら、重い銃を上手く扱う方法があるかもしれませんが、初心者はそんなこと分かりません。

その点、MP7A1は約1.5kgと、軽いと言われているMP5やハイサイクル電動ガンよりも軽く、一日中使っていましたが疲れることはありませんでした。
また、この軽さとコンパクトさにより、取り回しは抜群によく、さらにサバゲフィールドまでの持ち運びもラクチンという初心者には嬉しいことばかりの銃となっています。
特にサバゲフィールドまでの持ち運びは、車を使わない人にとっては結構重要で、重いと行きはともかく帰りが地獄を見ます・・・


そんな正直メリットしか無いように見えるMP7A1にもデメリットは勿論有ります

それは、使用可能なバッテリー容量が少ないことと、純正のマイクロバッテリーだとレスポンスが遅いことです。

容量が少ないため、一日中ゲームに使用するためには、最低でも2本はバッテリーが必要です。
以前、ハンドガンとバッテリーを兼用できると書きましたが、裏を返せば長物電動ガンに使うような容量の大きなバッテリーを使うことができないのです。
しかし、解決策は勿論あって、外部にバッテリーケースを装着することで容量の大きなバッテリーを使うことが可能になります。


まぁ自分は、容量の問題はさほど重要じゃないかなと考えています。
ですが、二つ目の純正マイクロバッテリーだとレスポンスが遅いデメリットはかなりインパクトのある問題だと思います。

レスポンスが遅いと言う事は、自分が敵を見つけてトリガーを引いてから弾が発射されるまでの時間が遅いという事です。
つまり、自分と相手が同時に弾を撃った場合、相手の弾の方が速く自分に届いてしまうという事です。
また、これにより気持ち長めにトリガーを引いていないと弾が発射されず、ストレスになることが多々あります。
(ウィーン、パン!で発射されるため、ウィーンの間中トリガーを引きっぱなしにしていないといけない)

要するにレスポンスが遅いと撃ち負けてしまう事が多いのですね。
しかし、これもリポバッテリーを使用することで解決できます。

ただし、リポバッテリーは東京マルイが設計の際に想定していないバッテリーのため、使用は自己責任となります。
リポバッテリーの使用による故障の場合、メーカーによるサポートが受けられない場合があります。

さらに、リポバッテリーは大きな電流を流してレスポンスを改善しているため、内部のメカやパーツにかかる負荷が増加します。
端的に言ってしまうと壊れやすくなる、という事です。
また、リポバッテリーは使用方法を誤ると爆発や炎上する危険性があるので、適切な管理が必要となります。

しかし、これらの点を理解した上で運用すればリポのもたらす恩恵は素晴らしいものです。
ウィーン、パン!が、ウパン!になるくらいレスポンスが改善されます。)

自分の感覚ですが、MP7A1の場合、電動ハンドガンのG18Cと比べても純正マイクロバッテリーを使用した場合のレスポンスが遅い気がします。
ゲームでメインアームとして使用するなら、リポ化は必須と考えます。


以上のデメリットはあるものの、それを補って余りある性能と魅力がMP7A1にはあると思うので、銃選びの参考になればと思います。

最後に、MP7A1を買うならこれを一緒に買え!というものをご紹介します。


①リポバッテリーとリポ用バランス充電器、変換コネクタ、バッテリーチェッカー
②スリング(あると便利)、スリングスイベル(カラビナでも可)
③ドットサイト


①はリポ運用に必要なものです。
変換コネクタはハンダ付けの技術があり、純正マイクロバッテリーはもう使わないよという方には必要ありません。
MP7A1に関して言うなら、初めからリポで運用した方が良いと思うので、純正バッテリーや充電器は必要ないかと思います。(値段もそれなりにしますし・・・)

②はあると便利です。
軽いのでスリング無しでも一日駆け回れますが、あるとさらに負担が減ります。
スイベルは、MP7A1の場合ついてはいますが穴が小さいため、カラビナ等を挟んでやる必要があります。

③もあると便利です。安い物なら2000円〜3000円で買えます。
せっかくマウントレールが標準装備されているのですから、ドットサイトをつけるとGoodだと思います。
自分もドットサイトを付けてみたのですが、かなり狙いやすかったです。
(特に長時間構えながら狙いをつける時など)



とりあえず、書きたいことは書き終わったかな・・・
後日、アウトドアで使用した感想をHellbreakerと共に書きたいと思います。

MP7A1、おすすめですよ!
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[サバイバルゲーム]  thema:趣味と日記 - genre:趣味・実用
長物の相棒が決まりました
その名も、

Hellbreaker M4!

hellbreaker.jpeg


名前からしてかっこいいこの銃、海外製です。
しかも無調整です。

カスタムできる腕もないのに海外製でしかも無調整を買ってしまった・・・OTZ


なぜなら、見ての通りカッコいいんです!
カッコいいんです!(二回目)

デザインの好みが分かれそうなシャークマウスですが、自分はカッコいいと思いますし、全体のデザインも非常に好みです。
東京マルイの長物でデザインが一番好きだったSCARよりもカッコいい!


しかも、それだけじゃないんです。
東京マルイの次世代電動ガンと同じくフルメタルなのに、約2.5kgという軽さ!

それでいて、銃を持った時にはちゃんとズッシリとした重みを感じられます。
海外製と言う事でかなり不安でしたが、外装を見る限り特に問題なく、リアリティもありいい感じ。

さらにさらに、以前上げた銃のポイントも網羅している!

・夏でも冬でも使用可能の電動ガン!
・フルメタルなのに2.5kgと軽量!
・初速も80後半と十分!(検品時には86m/sくらい)
・命中精度が高いかは不明だが、レビューを見る限り良さそう!
・見た目が非常にカッコいい!
・程よい長さで取り回しがし易い!
・価格帯も次世代に比べて安い!(3万5千円くらいでした)
・拡張性も十分!上面に長いピカティニーレール、三面Keymod!


そして個人的に、東京マルイの次世代電動ガンに踏みきれなかった理由の一つである「リコイルショック」が無いこと!

リコイルショックは撃ってる感じがして非常に楽しいらしいですが、これがあることにより狙いがブレたり重くなったりしてしまっているのが個人的にデメリットかなと思っていました。
特に重さについては軽さを重視していたので大きい・・・



東京マルイの次世代電動ガンで、自分の要求を満たしていたのがAK47Uだったのですが、拡張性やデザイン、リコイルショックの点でイマイチ踏みきれずにいました。
そこへ自分の要求をみたしつつデザインも一番キュンときた銃を見つけてしまったらもう海外製でも関係ない!
何よりこの価格で提供されている個数があと2個しかなかった・・・!!


本当はMP7A1をサバゲデビューさせた後、長物がほしいな~とか欲求が高まってきたら買う予定だったのですが、まさかMP7A1をデビューさせないうちに買ってしまうとは・・・

しかし、後悔はありません。
ありませんとも!!!



ちょっとバッテリーを買ってない関係で性能評価はできなかったのですが、見た目はもう満点です!満点!
ストックも肩にピッタリ当たる感じで安定感も良さそう!

期待大です!
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[サバイバルゲーム]  thema:趣味と日記 - genre:趣味・実用
| HOME | next