アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
大正新聞記者見聞録(体験版)リリース
という訳で、体験版をリリースしました。
Mac環境で作っているので、Windowsで果たしてちゃんと動くかわからないです・・・

本当はゲーム制作専用のHPに上げる予定でしたが、何年ぶりかにHPを触ったので、なんだか上手く行きませんでした。

今回、体験版として先行配布を決めたのは、単にゲームのアーカイブ化どうやるんだったか思い出すためです。
あとモチベ維持のためです。

なにか不具合ありましたら、コメント等でお知らせ頂けますと助かります。
また、応援等頂けましたらとっても嬉しいです。


※注意※
パワポケ7裏+クトゥルフの二次創作ゲームです。
個人的見解が豊富に混ざっているので、キャラ改変や設定等色々と多めに見てくださるようお願いします。


ダウンロードは下記のリンクから行えます。
パスワードは「taisho」です。
http://xfs.jp/fKEs1y
スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[NScripter]  thema:パワポケシリーズ - genre:ゲーム
大正新聞記者見聞録のお知らせ
あくまでも、予告です。

いつだったかのパワポケギャルゲ企画のように体験版止まりで忘れ去られるかもしれません。
(忘れてはいないので、いつか完成させたいとは思っています。思っていますとも・・・)

クトゥルフに以前ハマった関係で、「あれ?クトゥルフってパワポケの大正冒険奇譚編にベストマッチじゃね?」と思ったのがきっかけです。

実際、パワポケ7裏のクエストにはクトゥルフ関連のものもありますしね。

さらに、TRPGということでADVゲーム形式に落とし込みやすそうだという安易な考えでした。
やはりノベルゲーよりは何らかのゲーム性を持たせたいなと思っていたので。
(そのせいでかなり制作は難航しているのですが・・・)


そんなこんなで、実は水面下でせこせこ作っておりました。

前の企画のゲームからだいぶ進化?して、システムカスタマイズを行っているので、セーブ画面やロード画面、テキストウィンドウやそこら辺が結構かっこ良くなってるんじゃないかと思います。
(全ては素材提供サイト様のおかげです。ありがたや・・・)


ここで記事を書いておくのは、忘れないためと制作のモチベーションアップのためです。

ようやく立ち絵もメイン主人公二人分が揃ったので、スクショを上げられる・・・!
本当に長い戦いだった・・・(詳細は「続きを読む」にて)

ゲーム画面のイメージはこんな感じです。

↓プレイ画面。
大正記者スクショ1
↓プレイ画面。実は本編にこんなセリフありません。
大正記者スクショ2
↓セーブ画面。サムネが加わって文字だけのより見やすくなりました。
大正記者スクショ3


果たしていつ完成するのか!
今年中目処にはしています。乞うご期待!


今回、NScripterをもうちょっと勉強して、ちゃんとセーブやロード画面をかっこ良くしたり、環境設定画面をつけたり、本格的な機能を実装してみよう!と思い作り始めました。

いやー、システムカスタマイズ、非常に難しい。
難しいというよりめんどくさい。

Luaが使えればそこら辺がきっちりできるのでしょうが、サブルーチンの使い方が下手なせいでゴチャゴチャしてしまいました。
結果、バグの大量発生。トホホ・・・

正直な所、このゲームの根幹部分を作るのにかなり時間がかかってしまいました。
立ち絵なんて数日前に描いて大体2日で1人完成だったもんな・・・・

立ち絵があると、自分で自由にキャラの表情とか変えられてモチベーションも上がりますね!
もっと早くに描けばよかった・・・


完璧主義の気があるせいで、立ち絵はねりにねった完璧な下書きの元、作成しようと思っていましたが、そんな悠長な事を言ってるといつまで経っても完成しないので、立ち絵は結構適当です。

しかし、表情がコロコロ変えられるせいか、自分で微妙だなと思っていた立ち絵にも愛着が湧いてきて、今では結構好きかもしれません。


最近、大逆転裁判やジョーカーゲームなどで大正時代っぽい雰囲気の作品に触れる機会があり、大正新聞記者見聞録を作るにあたって調べていたこともあって、大正時代が結構好きになってきました。

あのなんとも言えない和風フォントや音楽、雰囲気などなど。
着ている服もいいですよね。タマちゃんが被ってるよくわかんない帽子とか。

しかし、意外と大正時代の素材って少なくて困っています。
背景とか、フリーフォントとか・・・
誰か知ってたら教えてほしいです。

また、この時代の服装って中々難しいんですよね。
特に智美は元のグラフィックを見ても、大正っぽい服にするのが私の貧弱な想像力では無理でした。
誰かデザインして下さい・・・


とにかく、今回完成させようと思っているプロローグ的な話は、実は時代背景とか一切関係ない話なので、大正時代の雰囲気とかどうでもよかったりします。
というか、素材がなさすぎてそうなってしまった部分もゲフンゲフン。

ですが、以降作成予定のエピソードに関しては、ちゃんと帝都を冒険させたいなと思ってます。
ゲームに出てくる大神とか、鋼とか、詩乃とか・・・
後は、ゲームには出てこないけどシリーズでは出ているキャラとかも大正時代バージョンで出したいなぁと考えています。
何のキャラかは、まぁ私の好きなキャラですよ分かるでしょう?


というわけで、今回はこの辺で。
モチベ維持のために、これから制作の途中経過を上げてく予定です。(あくまでも予定ですが。)

閉じる▲

Posted by 和
comment:0   trackback:0
[NScripter]  thema:パワポケシリーズ - genre:ゲーム
MacでNScripterを動かす方法
NScripterをMacで動かす方法についてメモしておきたいと思います。

NScritperはWindowsのプログラムなので、MacOSには対応していないのですが、そこはさすがのNScripter。
色々補助ツールが充実している訳です。

という訳で、簡単かつオススメな方法を紹介します。


1)Easy Wineを使用する
Easy WineはMacでWindowsプログラムを使用するために作られたツールです。
↓以下のサイトからEasy Wineをダウンロードします。
mattintosh.hatenablog.com/entry/20140706/1404653173

あとは、Easy Wineを上記のページに載っている通りにインストールすれば良いだけ。
具体的には、Easy Wine.appをデスクトップなりFinderのアプリケーションにコピーすればOK。
(途中でパッケージをインストールしますか?と聞かれるのですべてインストールする)

これだけです。簡単!

すると、今まで実行できなかった「.exe」ファイルが実行できるようになっていると思うので、「nscr.exe」を実行すれば良いだけ!簡単ですね。
この方法が一番簡単かつNScripterの挙動を再現してくれます。

ただ、NScripterが起動するまでに若干時間がかかるので注意。
デバッグする際に何度も再起動かける場合は少し面倒かもしれません・・・



2)ONSLauncherを使用する
もう一つの方法は、マルチプラットフォームで動作するONScripterを使用する方法です。
NScripterはWindowsのみですが、ONScripterはこれをMacやAndroid、iOSでも動くようにしたものです。

本来ならば、ONScripterのソースファイルを自分でコンパイルして使用するのですが、如何せん必要なパッケージのダウンロードなど面倒かつ上手くいかない場合があります。
しかし、Macの場合にはONSLauncherという便利アプリがあるので、これを使用します。

↓以下のサイトからONSLauncherをダウンロードします。
tmkk.undo.jp/onscripter/
(ダウンロードの項目にある一番上のZipファイルのみでOKです。)

使用方法などは中にあるREADMEに記載されています。

こちらも簡単でオススメな方法なのですが、実際のNScripterと挙動が異なっていたり、メニューバーが表示されなかったりするため個人的にはEasy Wineを使用する方法が良いかと思います。

Easy Wineを入れるとセキュリティ的に問題がありそうだと思う方はこちらの方法を使用すると良いと思います。



以上の2つの方法でMacでもNScripterが使用できるので、是非お試しあれ。
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[NScripter]  thema:ゲーム製作 関連 - genre:ゲーム
NScripterのゲーム制作にオススメのエディタ
以前、ここで紹介した事があるノベルゲーム制作ツール、NScripterのエディタについて書こうと思います。

NScripterでは、テキストファイルに様々な命令や物語のセリフなどを書いて行きますが、メモ帳で編集してると色々と不便です。
どうせなら快適な環境でゲーム制作を行いたいですよね!
そこで、適切なエディタを使うことで効率アップを図るだけでなく、ストレスもかなり減ります。

前に紹介したエディタはGinnieというエディタでしたが、今回紹介するのはNScripterだけでなくC言語やHTMLなど他の言語にも対応した「サクラエディタ」です。
というか、どちらかと言うとサクラエディタ用のNScripter設定ファイルが配布されているので、それを使って対応させようって感じですが。

なので、今回はサクラエディタをNScripter用の環境に設定する方法について書いて行きたいと思います。
この方法で出来るようになる事は以下の2つです。
・NScripterの命令等が色付きになって分かりやすく表示される
・エディタのボタンからNScripterを実行できるようになる



1.サクラエディタをインストールする

以下のサイトからサクラエディタをインストールします。
二つ最新のバージョンがありますが、多分どっちでもOKだと思います。
http://sakura-editor.sourceforge.net/download.html


2.NScripter用の設定ファイルを入手する

以下のサイトから、NScripter用の設定ファイルをダウンロードします。
http://senzogawa.s90.xrea.com/tool.html
サクラエディタ関連(NScripter限定)の「サクラ エディタ用設定ファイル」と、「PPAマクロ:NScripter実行」の2つをダウンロードします。

解凍した「nscr_sakuraedit」と「NScrRun」の2つのフォルダは、両方ともサクラエディタがインストールされている場所に置くと分かりやすいです。
(場所はどこでもOK。自分が分かりやすい所に置くと良いと思います。)


3.NScripter用強調キーワードの設定

NScripterの命令を色付きで強調されるようにするため、強調キーワードの設定を行っていきます。

サクラエディタを開き、「設定」→「共通設定」で「強調キーワード」のタブを開きます。
「セットの追加」を押し、セット名を「NScripter_E」として「OK」を押します。
次に、この状態で下にある「インポート」ボタンを押し、「nscr_sakuraedit」フォルダの中にある「NScripter_E.kwd」を選択して開きます。
インポートが終わったら、左にある「英大文字小文字区別」にチェックを入れます。

同じようにして、残りの「NScripter_F.kwd」、「NScripter_FE.kwd」もインポートします。
(「セットの追加」を押し、セット名を「NScripter_F」として「NScripter_F.kwd」ファイルをインポートし、チェックを入れる)
全て完了したら、「OK」を押してサクラエディタに戻ります。


3.NScripter用の設定を作る

「nscr_sakuraedit」フォルダの中にある「readme.txt」を見ながら、設定していきます。

サクラエディタの「設定」→「タイプ別設定一覧」を開き、「追加」ボタンを押します。
すると、新しい番号の設定ファイルがリストの一番下に追加されるので、このファイルを選択し、「設定変更」ボタンを押します。

あとは、readmeに書かれている通りに設定します。
ちょっと分かりにくい部分だけ説明すると、強調キーワードの所は、「2~10...」のボタンを押すと3つのキーワードを一気に登録する事ができます。
また、外部HTMLヘルプの設定は、そのまま「NScrAPI.html」と書き込めばOKみたいです。

※拡張子が表示されない人は、各PCの設定で拡張子を表示するように設定して下さい。
(例えばNScripter.dicが見当たらないという人は、拡張子が表示されない設定になっているかも)


4.サクラエディタからNScripterを起動できるようにする

サクラエディタの「共通設定」→「マクロ」→「参照」で、「NScrRun」を開きます。
右下の「Id」で、マクロ一覧で空いている番号を選択します。
「File」→「NScrRun.ppa」を選択し、名前を「NScrRun」として「設定」ボタンを押します。
(名前は分かりやすい名前であればなんでも構いません。)
設定が終わったら「OK」ボタンを押してサクラエディタに戻ります。

次に、今設定したマクロのボタンをサクラエディタのメニューバーに表示させる設定を行います。
「設定」→「共通設定」→「ツールバー」のタブを開きます。
「種別」で「外部マクロ」を選択します。
すると、「機能」のところに先ほど設定したマクロの名前が出てくるので、これを選択して「→」ボタンを押します。
右の「ツールバー」に「NScrRun」が追加されるので、後はボタンの表示位置などを好みで変更し、「OK」を押します。

以上の設定を行うと、サクラエディタのメニューバーに「▶」ボタンが表示されると思います。
これを押すと、「00.txt」等を開いているフォルダと同じ場所にある「nscr.exe」を実行してくれるので、スクリプト編集→実行までをスムーズに行う事ができます。

※マクロが起動できない場合※
PPAマクロを使用する場合、DLLが必要になります。
以下のサイトから「ppa_124.lzh」をダウンロードして解凍したら、「DLL」フォルダの中にある「Ppa.dll」をサクラエディタのフォルダ直下(「sakura」フォルダの中)に入れて下さい。
http://ht-deko.com/junkbox.html#PPA


以上でサクラエディタのNScripter用の設定は終わりです。
良いゲーム制作ライフを!
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[NScripter
NScripterでノベルゲーム作成
NScripterはノベルゲームに特化したゲーム制作ツールです。

公式HPはこちら(NScripter本体もダウンロードできます。)↓
http://www.nscripter.com/

プログラミングの知識が無くても、誰でも簡単に作れるのが特徴です。
少し工夫すれば、ノベル以外のゲームも作れてしまいます。

ここでは、NScripterでゲームを作る時におすすめな講座・ツールなどを紹介しています。



<NScripter講座>

・「Free Adventure Game World」
NScripterについては、ここのサイト様が一番内容が広く、詳しく、分かりやすかったです。
ここを見ればゲーム製作のやり方は一通りマスターできます。
初心者でも、無理なく最初から最後までゲーム作成ができると思います。

・「Nscripter API Reference」
NScripterで使用できる命令が一覧で載っており、テーマごとに分かれているので、とても見やすく使いやすいです。
こういうことしたいんだけど、命令あるかなぁ・・・って時に便利です。
リリースされたバージョンに対応してるかどうかは、タイトルを見てください。



<エディタ>

・「Ginnie」
NScripterにも対応しているテキストエディタです。
NScripterの命令を色分けしてくれるし、タブ切り替えができるので複数のファイルを扱うときにも非常に便利です。
「続きを読む」にNScripter用の便利な設定の仕方をメモしてあります。
シェアウェア版とフリー版がありますが、フリー版は何故かウィルス扱いされてしまいます・・・
シェアウェア版も無料で使えますが、奇数タブしか保存できないので注意してください。



<書籍>

NScripterの公式ガイドブックです。
ゲームの一連の作成手順はもちろんの事、CGモードの作り方など、講座サイトには書かれていないような事も詳しく書かれています。
巻末にはリファレンスもついているのでとても便利です。


こちらは上級者編です。
凝ったものを作りたい方におすすめです。


≪おまけ≫


『ファイルの圧縮・暗号化について』

最新のNScripterに入っている「ツール」の中の「NS2Arc.exe」では、素材の圧縮・暗号化が上手くいかない場合があります。
そんな時は、公式HPから「旧ツール」をダウンロードし、「ツール」の中の「nsaarc.exe」を使用してください。



『NScripter用おすすめGennieの設定』

GinnieをNScripter用に使いたい方におすすめの設定をメモしておきます。

・「NScripterをデフォルトのモードにする」
Ginnieを開き、「ツール」→「フォルダを開く」→「文書タイプ設定用フォルダ」を開きます。
その中の、「Lang.xml」というファイルをメモ帳などで開きます。

すると、中はこのようになっていると思います↓

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Languages Version="1.0">

<Lang Src="NScr.stx.xml" Ext="*.txt" ~

</Languages>


あとは緑色の部分の行を、一番上に持ってくるだけでOKです↓

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Languages Version="1.0">
<Lang Src="NScr.stx.xml" Ext="*.txt" ~

</Languages>

持ってこれたら上書き保存します。
これで次に起動した時にはGinnieの文書タイプが「NScripter」になっているはずです。



・「プロジェクト管理を使う」
例えば、「Game」と言う名前のゲームを作っていたとします。
「Game」フォルダの中身は、

(Gameフォルダの中身)
00.txt
01.txt
...

素材フォルダ
nscr.exe

のようになっているとします。

これを、扱いやすいように一つのまとまり(プロジェクト)として扱えるようにする機能が「プロジェクト管理」機能です。
無題
上の例では、素材フォルダなど、扱わないものは登録していません。
Ginnieではあくまでスクリプトを編集・実行したいだけなので。

上のようにすることで、左のプロジェクト管理ウィンドウからスクリプトを選択、編集し終わったら保存して左のプロジェクト管理ウィンドウからnscr.exeをダブルクリックして実行、と言うように、一連の動作がとてもしやすくなります。


Ginnieを開き、「表示」→「ドッキングウィンドウの表示」→「プロジェクト管理」で、
左にプロジェクト管理ウィンドウが表示されます。

ウィンドウの左にあるアイコンから、「プロジェクトの新規作成」を選択します。
プロジェクト名を聞かれるので、任意の名前を入力して「OK」を押してください。
(上の例ではプロジェクト名をNScripterとしています。)


プロジェクト管理ウィンドウにプロジェクトが作成されたら、プロジェクト名をクリックして緑色になるようにして下さい。
この状態で、左のアイコンから「グループの追加」を選択します。

グループアイテム名を入力(上の例では「Game」)したら、「フォルダを設定する」にチェックを入れ、フォルダのパスに設定したいパスを入力します。このとき、「このフォルダをルートにする」にチェックを入れてください。
(上の例では「Game」フォルダの場所をパスに指定しています。)
≪例≫ Dドライブの下に「Game」フォルダがある場合
フォルダのパス: D:\Game


次に、nscr.exeをプロジェクトに登録しましょう。
※各ゲームフォルダ内のnscr.exeを登録してください。

先ほど追加したグループ名(上の例では「Game」)を選択して緑色にしたら、左のアイコンの「ファイルアイテムの追加」を選択します。
上の設定が上手く行っていれば「Game」フォルダの中身が表示されると思います。
その中の「nscr.exe」を選択してOKを押せば追加されます。


最後に、スクリプトをプロジェクトに登録します。
「Game」を選択して緑色にしたら、「グループの追加」を選択します。

先ほどと同じようにして、グループを設定していきます。
上の例では、グループ名を「スクリプト」、フォルダパスを「Game」のフォルダパスと同じにしています。
(スクリプトが入っているフォルダパスを入れてください。)

プロジェクトに「スクリプト」が追加されたら、クリックして名前を緑色にして下さい。

左のアイコンから「ファイルアイテムの追加」を選び、「スクリプト」に追加したいファイルを選びます。
(上の例では00.txt~を追加しています。)
これを繰り返し、「スクリプト」に登録したいファイルがすべて登録できたら終わりです。


最後に、プロジェクトの上書き保存をすればOKです。
これは私流のプロジェクトの作り方なので、色々試して自分にあったプロジェクトを作ってください。



・「ファイルエクスプローラを使う」
「表示」→「ドッキングウィンドウの表示」→「ファイルエクスプローラー」で、左にウィンドウが表示されます。
「プロジェクト管理」などを先に開いていると、それが消えてしまいますが、下にあるタブで切り替え可能なので安心してください。
ちなみに、そのタブをドラッグして、ウィンドウを右や下に持っていくこともできます。

デフォルトではマイコンピュータがルートになってますが、これを自分の好きなフォルダに変えることができます。

ファイルエクスプローラーウィンドウの下の「設定」アイコンをクリックし、「追加」を押してください。
カテゴリ名は何でも構いません。カテゴリ名を入れたら「追加」を押してください。

「ルートフォルダ」に、自分の好きなフォルダを選んで「OK」を押してください。
私はゲームファイルが入っているフォルダを入れています。

すると、マイコンピュータではなく、先ほど選んだフォルダがルートになっているのが分かると思います。
このように、一々マイコンピュータから辿って行くのが面倒なときなどに有効です。

ちなみに、カテゴリの切り替えはファイルエクスプローラーウィンドウの左上の「▼」から簡単に切り替えられます。

閉じる▲

Posted by 和
comment:0   trackback:0
[NScripter]  thema:ゲーム制作 - genre:ゲーム
| HOME |