アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
Macのおすすめテキストエディタ
Macを買ったのは前回も書きましたが、OSが変わると当然使用するエディタも変わってきます。

特に今まで使用していたサクラエディタは、NScripterの命令をハイライトしてくれたり、マクロでコード書きながら実行できたりと至れり尽くせりだったのですが・・・

Macではサクラエディタが使用できません。
(厳密に言えばできるのですが、タブ機能が使用できません。)

Oh・・・と、途方に暮れていたところ、素敵なエディタを見つけてしまいました。
今回はそのエディタをご紹介したいと思います。

その名も、「ATOM」
手塚先生のキャラではありませんが、同じくらいパワフルなテキストエディタです。

何と言っても、デザイン性、拡張性に優れている高機能エディタです。
他にも色々エディタは試してみましたが、ATOMがあれば他は特に必要ないくらい便利です。

サクラエディタの見た目をかっこ良くしたバージョンという感じでしょうか。
個人的に、サクラエディタと異なり開いているファイルのフォルダまで表示してくれるのは非常に助かります。
イメージ的にはVisual Studioのような感じです。

ちなみに、NScripterの命令もちゃんとハイライトしてくれます。(コレ重要)


導入方法や自分が入れているパケージ等は「続きを読む」に記載しております。


ATOMは以下のサイトからダウンロードできます。
https://atom.io

基本的な設定やおすすめの設定は以下のサイトが参考になると思います。
http://blog.codecamp.jp/atom_utility/
http://mae.chab.in/archives/2579
http://qiita.com/k2works/items/1d25888fb3a05058e48f

とりあえず、インストールして最初にやることは、「日本語化」だと思います。
日本語化さえしてしまえば、設定などは使いやすいように設定すれば良いかと。

さて、日本語化するには「パッケージ」をインストールする必要があるのですが、ATOMではそれも簡単に行えます。
先ほど紹介したサイトにやり方が書いてあるので参照してもらえればと思います。

ATOMには非常に便利なパッケージが数多くありますが、結局どれを入れたら良いの?という事で、おすすめパッケージを紹介しているサイトを以下に挙げておきます。
kijtra.com/article/my-atom-packages/

↑のサイトで紹介されているパッケージを入れておけば大体OKかと思います。
ググれば他にもたくさんあるので、必要に応じて足していってください。

追記することがあるとすれば、「Toolbar」ぐらいでしょうか。
iconset: "アイコンセットの名前"
↑これを設定ファイルに書くことで、標準アイコン以外のものも使用できます。


そして、忘れてはいけないのが「NScripter」のパッケージ

language-nscripter2

これです。このパッケージを導入してください。
ダメ元でNScripterのパッケージを探してみたらありました。作成者様に感謝。

パッケージを導入すると、NScripterの命令に色がつくので圧倒的に見やすくなります。


その他、ATOMでNScripterを使用する時に便利なのが、
1.自動文字コード変換
2.ツールバーボタンからの.exe起動
3.ツールバーボタンからのリファレンス表示
4.タブ、ペイン分割
5.ゲームフォルダをプロジェクトに追加


2と4は以前記事にしたサクラエディタでマクロを使用する方法と同じことをATOMでできたら嬉しいという事で書きました。
ツールバーにファイルを起動するボタンやウェブページにジャンプするボタンを設定すれば同じようなことができます。

ただし、2についてはMacだとそもそも.exeファイルを指定しても起動してくれないので、やり方を模索中です。
(ただ、個人的にはボタンが無くともnscr.exe起動用のデスクトップを開いているので必要ないのですが・・・)

他にも色々快適に使えるような気がするので、見つけ次第追記していく予定です。

閉じる▲

スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[その他メモ]  thema:Macintosh - genre:コンピュータ
自作スリーブの作り方
お久しぶりです。

このブログの存在をすっかり忘れていました・・・
最近何かと忙しかったもので;;

という訳で4ヶ月ぶりの更新です。


今回は自作スリーブの作り方について書こうと思います。

何年か前に自作デッキケースの作り方を書きましたが、じつはその時からスリーブも作ってみたかったんです。
最近ポケモンもポケセンオリジナルスリーブとか出なくてイライラしてて・・・

軽く調べてみると結構簡単に作れるっぽかったのですが、やり方が「こんなんで本当にちゃんと作れるのか?」ってぐらい簡単だったので、試さずにいました。
なんでこの時試さなかったのか、今になって後悔していますOTZ

自作スリーブは自作デッキケースに比べて圧倒的に簡単でラクに、しかも結構ちゃんとしたのが作れます。

という訳で、今回用意するものはこちら↓

・A4の光沢紙(薄めのモノがオススメ)
・カッター
・透明のスリーブ(ハードタイプの方がいい?)


これだけ。

デッキケースの時と違って、スリーブに印刷した紙を入れるので、薄めの紙の方が良いと思います。
(分厚いとデッキの厚みが大変なことに・・・;;)

透明のスリーブに関しては、インナースリーブのような薄いモノだと微妙かもしれません。
自分は安いしそこそこしっかりしてる↓のスリーブを使ってます。


光沢紙は100均等にも売っているので、安価で買えます。
たくさん作りたいけどお金が・・・という方には、こちらがオススメです↓

↑はヨドバシカメラで400円くらいで買えます。
他にも安い光沢紙は売ってますので探してみてください。


<自作スリーブの作り方>

①スリーブのサイズより縦×横のサイズが1mm小さい画像を用意する

スリーブに印刷した紙を入れるので、1mm程度小さい画像を用意します。
↑のスリーブの例だと、スリーブのサイズが92mm×66mmなので、91mm×65mmの画像を用意します。

画像は自分の好きなもので構わないのですが、気をつけなければならないのは画像の解像度です。
画像の解像度は350dpiにして下さい。

画像を印刷する場合、PC上では綺麗な画像も印刷すると荒くなってしまいます。
これを避けるために、画像の解像度は350dpiに設定する必要があります。
<参考:http://iro-color.com/design/dpi.html


②スリーブ画像を並べた画像を作る※

出来た画像をペイント等で開き、複数枚並べた画像を作ります。
これは印刷紙の節約&カット時の負荷軽減で行います。
(このとき、この画像の解像度も350dpiになっているか確認して下さい!)

ちなみに↑のスリーブサイズでA4印刷だと、横4枚×2セット分印刷できます。
□□□□
□□□□←こんな感じで画像を並べます

カットする際の境界線が分かるように、1ピクセル程度間を空けて並べると良いと思います。
できたら、png等の画質の劣化が少ない形式で保存します。

ペイントを開いて「編集」→「ファイルから貼り付け」で画像を並べても良いのですが、並べて1枚の画像として保存すると、再度その画像を開いて印刷しようとした時に上手く行きません。
なので、他のペイントソフトを使って並べた1枚画像を作り、png等で保存したほうが良いかもしれません。


③印刷する

先ほど作った画像をペイントで開きます。
なぜ直接印刷しないのかというと、細かい設定ができないからです。

ペイントで画像を開いたら、「ファイル」→「ページ設定」で余白を0にします。
また、拡大縮小は「調整」を選択し、「100%」となるようにして下さい。

プリンタの設定は、用紙の種類を「光沢紙」に設定し、「きれい」モード等があればそれに設定します。
(なるべく高画質で印刷できる設定にするのが望ましい)

また、印刷する時に「自動的に拡大・縮小する機能を全てOFF」にして下さい。
つまり、必ず「等倍」で印刷するようにして下さい。
でないと、出来上がった画像のサイズが異なってしまう場合があります。
(試しに普通紙で印刷してみて、サイズを確認することをオススメします)


④印刷した紙をカットし、スリーブに入れる

印刷がうまく行けば後はカットするだけです。
紙の余白の白い部分がなるべく残らないようにカットして下さい。

カットしたらスリーブに入れて完成です!
ね、簡単でしょう?

image.jpeg
image (1)


光沢紙が薄くてもしっかりした紙なので、それなりにちゃんとしたものが出来ます!
画像のサイズもほぼスリーブにピッタリになるようにしているので、カードの出し入れも思ったよりスムーズにできました。

image (2)


最後に、自作と言いつつ画像はPixivの絵師様方からお借りしているので、この場を借りてお礼申し上げます。
今回お借りした画像はこちらです↓




みなさんも是非、自作スリーブ作ってみてください!


自作スリーブ、何が大変って切り分ける作業を何回もやらなきゃならんのが大変ですね・・・

ポケモンは幸いにもハーフデッキで対戦できるので、最低30枚作ればいいですが、60枚となると8回も同じ作業をすることに・・・
うう、自作スリーブ、作り方は簡単だけどラクではないですねOTZ

何種類も作れるので、自由度は高いですが^^;;


しかし、本当に最近ポケモンカードは可愛いorカッコいいスリーブが出なくてイライラしてました。
いつもならポケモンセンター限定のメッチャいいデザインのスリーブが売られててもいい時期なのですが・・・

なら自分で作ってしまえ!と思い立ったのが今日というわけです。
丁度、デッキケース用に買って余っていた光沢紙もあったので。

最初は印刷した紙っぺらを入れるだけじゃん!どうせそんなん良い物できないだろと勝手に思い込んでいました。
やはり思い込みはダメですね。

実際に作ってみて、想像以上の出来に感動してしまいました;;


これからも色々チャレンジして行きたいと思います。

閉じる▲

Posted by 和
comment:0   trackback:0
[その他メモ]  thema:カードゲーム - genre:ゲーム
gnupackのインストール
emacsがWindowsでも解凍するだけですぐに使え、かつ最初から日本語化・タブ化されている便利な「gnupack」

最初からこれをインストールすれば良かったんや・・・OTZ


以下のサイトにある「gnupack_basic-XX.XX.exe」をクリックしてダウンロードすればOK。
あとはDLしたものをクリックするだけで解凍が始まります。
(解凍するのに専用のソフト等はいりません。警告が出るかもですが無視すればOK)
http://sourceforge.jp/projects/gnupack/releases/

たったこれだけ!
あとは解凍したフォルダの中にある「emacs」を起動すれば使えます。

最初からメニューバーも日本語化されてますし、タブ化もされています。
半角・全角の切り替えもキーボードのキーを押すだけ!

なんと簡単な・・・素晴らしいです><


表示フォントなどの設定は、
インストールフォルダ/home/.emacs.d/init.el
をemacsやメモ帳などで開いて書き換えればいいと思います。

ちなみに、マウスホイールでスクロールしているとフリーズしてしまう人は、「init.el」の300行目あたりの「@ scroll」の設定のところを全てコメントアウトすると直ります。
一括コメントアウトは、コメントアウトしたい範囲を選択して「Alt+x」を押した後、「comment-region」と打ってEnterを押せば一括コメントアウトできます。

いやはやまったく素晴らしいパッケージですね!
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[その他メモ]  thema:ソフトウェア - genre:コンピュータ
自作デッキケースの作り方
ポケモンカードにハマったので、自作のデッキケースを作ってみました。
なるべく簡単で低予算で出来る作り方になっているので、是非試してみてください。

用意するものは、

A4の光沢紙(なるべく分厚いもの)
A4のラミネートフィルム(手貼り式
・カッター、はさみ


これだけです。

材料は全てダイソーで買えるので費用は200円くらいです。

2012010119070000.jpg
↑左から、EPSONの光沢紙、ダイソーの光沢紙、ラミネートフィルムです。

光沢紙はEPSONのフォト用のモノを使いましたが、厚手の光沢紙であれば何でもいいと思います。もちろんダイソーで売っている光沢紙でも綺麗に印刷できます。
ラミネートフィルムは、ラミネーター不要の手貼り式のものがダイソーで売っているので、それを使います。



<作り方>

~デッキケース制作の流れ~

型紙を用意し、それをペイントツール等で開いて自由にデザインする

A4の光沢紙に印刷する

印刷したものにラミネートフィルムを貼る

線に沿って切り取り、折り曲げて組み立てる

完成!

大まかな流れはこんな感じです。
以下に詳しい説明を載せています。



①型紙を用意してデザインする

↓のサイトの下の方にある型紙を右クリックで保存します
http://minastorage.nobody.jp/deckcase.html

型紙が保存できたら、SAIなどのペイントソフトで開き、下にレイヤーを作ってデザインしていきます。
型紙が透過済みなので、下にレイヤーを作って絵を乗せていくだけでOKです。もし透過されていなかった場合は、型紙のレイヤーを乗算にして編集してください。)

※ペイントソフトを持ってない方は、フリーソフトのPixia等が便利です。
(Pixiaの公式サイトはこちら→http://www.pixia.jp/

Pixivなどで取ってきた画像を型紙に合わせて調節し、自分だけのオリジナルケースを作ってください^^



②光沢紙に印刷する

デザインできたら光沢紙に印刷します。

このとき、プリンターの用紙設定を「光沢紙」に設定してください。
(プリンタに「きれい」モードがある場合は、これに設定すると多分きれいに印刷できます。)



③ラミネートフィルムを貼る

印刷できたら、ラミネートフィルムを貼り付けます。
空気やゴミが入らないように気をつけて貼ってください。

ラミネートフィルムは両面に貼る必要はありません。
絵が印刷されている方だけに貼り付けて下さい。



④切り取って組み立てる

フィルムを貼り付たら、線に沿って切り抜きます。
表面がラミネートされ滑りやすくなっているので、気をつけて下さい。

セロハンテープなどで紙を固定し、カッターで定規をあてて一気に切ると綺麗に切れます。
ズレてしまった場合はハサミで調節します。

できたら線にそってしっかりと折り曲げます。
後は組み立てれば完成です!



型紙がしっかりしているので、のり等は使用しなくてもちゃんと綺麗に作れるようになっていますが、気になるようなら糊付けして下さい。
また、折り曲げるときに、下から二番目の□をなるべく広く取れるように折り曲げると組み立てるときにラクです。

また、フタの部分や中の前の部分のカドをを丸く切ると安全?です。
「続きをよむ」に上の型紙を私が個人的に編集した型紙が置いてあるので、宜しければどうぞ。

ちなみに、シールド(スリーブ)に入れた状態でもちゃんと入ります。
枚数はシールドに入れた状態で60枚ぐらい。


最後に、型紙を使わせて頂いたサイト様、絵を使わせて頂きましたPixivの絵師様方に心からお礼申し上げます。ありがとうございました!


やはり自作のデッキケースを持つとテンション上がりますね!

何といっても自分が好きなようにデザインできるのが嬉しい!
さらに出来上がったときも嬉しい!

元々、工作とか好きだったので、昔マジック・ザ・ギャザリングや遊戯王、デュエルマスターズなどをやっていた時も自分でデッキケースを作っていたのですが、やはり楽しいですね!友人からはキモいって言われましたが・・・・


他にも、PPシートを使った作り方などもあります↓
http://blog.livedoor.jp/godaime_tk/archives/50058902.html

こちらは上のやり方よりはちょっと難しいですが、低予算で丈夫なケースが作れるので、余力のある方は試してみてください。


また、私が個人的に使いやすいように編集した型紙はこちら↓
デッキ
カドを丸くしてあったり、真ん中を斜めにカットしてあります。


閉じる▲

Posted by 和
comment:6   trackback:0
[その他メモ
comment
最近のポケモンはわからない・・・

ギャザは懐かしいですね
「平和な心」とかのカードを
「平和なべ」って呼んでたなww
byweapon
comment
ぎゃざやってましたか!
べwww確かに心に似てますがwwwその発想は無かったwww

ポケモンカードも面白いですよ!ルールも単純、ぎゃざに比べて安価ですし、意外と奥が深いです。

是非機会があればやってみてください^^
by和
comment
灼眼のシャナ
灼眼のシャナのデッキケース画像作ってください
bytomokore
comment
Re: 灼眼のシャナ
申し訳ありませんが、そういった画像の制作等の依頼は受け付けておりません。
デッキケースのデザインはご自分でなさって頂くよう、お願いします。
by和
comment
お願いがあります
すいません!
僕はヴァイスシュヴァルツのデッキホルダー作りたいんですけど、画像が編集できないし、ブログに挙げられているのではサイズが合いません…
なので 縦7cm 横9cm 高さ4.5cmのデッキホルダーが作れる画像を作っていただけないでしょうか?
よろしくお願いします!
bySN
comment
Re: お願いがあります
お申し出ありがとうございます。

大変申し訳ございませんが、個別に制作の依頼等は請け負っていませんので、ご自身でリサイズ等して頂く形になります。

ご了承下さいますようお願い致します。
by和
Meadowをタブエディタにする方法
EmacsのWindows版であるMeadowをタブエディタ化する方法をメモしておきます。
ちなみにEmacsでもちゃんとできます。

タブエディタ化することで、簡単に複数のファイルを開いて編集することができます。

今のブラウザは大体タブ機能がついていて、間単に複数のWebページを閲覧することができますよね?
Meadowもこのように複数のファイルを「タブ」という機能を使って簡単に編集できるように設定することができます。


まず、↓のページに行って「tabbar-1.3.tar.gz」と言うファイルをダウンロードします。
http://sourceforge.net/projects/emhacks/files/tabbar/1.3/

ダウンロードしたら、このファイルを解凍して、「tabbar.el」と言うファイルを取り出してデスクトップなどに置いておきます。
※gzファイルを解凍できない時は、「Lhaplus」などの解凍ソフトを使ってください。



次に、Meadowをインストールした場所に行き、その中の「site-lisp」と言うフォルダの中に先ほど取り出した「tabbar.el」ファイルを入れます。

インストールした場所が分からなければ、「Meadow」のショートカットの上で右クリック→「プロパティ」→「リンク先を探す」で表示されたフォルダのひとつ上のフォルダに行けば見つかると思います。



ファイルを入れたら、Meadowのフォルダ(「site-lisp」の一つ上のフォルダ)の「.emacs」というファイルをMeadowで開きます。
(メモ帳などで開くと上手く表示されません。)

開いたら、一番最後に

(require 'tabbar)
(tabbar-mode)


と書き加えて上書き保存します。




これで次にMeadowが起動した時には、メニューバーの下にタブバーが出ていると思います。

今回参考にさせて頂いたサイト様はこちらです↓
http://d.hatena.ne.jp/okmount/20081205/1228405512

タブバーのカスタマイズもできるそうなので、是非チャレンジしてみてください。


≪おまけ≫


・「Meadowのメニューの日本語化」

Meadowはそのままだとメニュー欄が英語なので扱いにくいですね。
そこで、メニューを日本語化する方法を紹介します。

↓こちらのページから「menu-tree-el-0.97.tar.gz」をダウンロードして下さい。
http://www11.atwiki.jp/s-irie/pages/13.html

解凍したら、中にある「menu-tree.el」を「site-lisp」フォルダの中に入れ、「.emacs」を開き、
(require 'menu-tree)
と最後に書き加えて上書き保存してください。



・「Meadowでファイルをグループ化」

つまり、まとめて開きたいファイルを予め登録(グループ化)しておくことで、それらを一度に開いたり閉じたりできるわけです。

詳しいやり方はこちら↓
http://www.bookshelf.jp/soft/meadow_23.html#SEC250

例えば、Dドライブにある「Game」というフォルダの中のソース(拡張子が「.c」など)をまとめて開きたければ、
Dir: d:/Game/
Pattern: ^.+\.c$
とすれば良いのです。

この機能はタブ機能とあわせると効果絶大です!

メニューバーのFilesetsからファイルセットの名前を選んで一番上の「Pattern~」をクリックすれば、VC++のように一気にファイルをタブで開くことができます。

閉じる▲

Posted by 和
comment:0   trackback:0
[その他メモ
| HOME | next