アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
VOCALOIDで曲作り
VOCALOID、パソコンを使った曲作り(DTM)のやり方など。
「続きを読む」では、おすすめ講座サイトやツールの使い方などを紹介してます。


<ツール紹介>

・「VOCALOID」
当たり前ですが、この子らがいないと話になりません。
フリーのボカロもあるらしいですが、興味のある方は検索してみるといいと思います。

・「Domino」
曲を作るソフトです。ミクの歌の伴奏等を作ります。
音源も豊富な上、操作が簡単で、ミクのエディタと似ているので使いやすいです。

・「Music Studio Producer」
自分はDominoの方が使いやすいので、こっちは使ってないのですが、どうやらこっちで作曲すると、あとでボカロの歌と編曲するときに楽らしいです。

・「SoundEngine Free」
ミクの歌と伴奏を合わせるソフトです。
効果も入れられるので、他にも曲の編集などDTM以外にも使えます。

・「iTunes」
ipodを持っている方なら既にダウンロードしているかと思います。
Dominoで作成したmidファイルをwavに変換するのに使います。



以下は、上で紹介したソフトを使っての曲作りの過程を書いてます。
詳しい操作などは、それぞれの公式HPのヘルプなどを参照してください。


<作成手順>

1)Dominoで適当に曲を作る。
適当にノート(四角いブロックみたいなの)を気の向くままに置いていって再生しても、なんか曲っぽくなります。
まずはDominoで遊んでから、メインっぽいメロディにミクの歌をのせる・・・というスタイルの方が挫折しにくいかと思います。


2)VOCALOIDに歌わせる。
ここで、Dominoで作った伴奏に、あらかじめミクが歌うメロディのパートを入れておきます。
すると、いちいちあの音なんだっけとやる必要がないので楽。
歌のパートだけを読み込んだら、あとは歌詞をつけるだけ。


3)Dominoで作った伴奏とVOCALOIDで作った歌をwavに変換する。
ミクの歌がwavで出力できるので、Dominoのmidファイルもこれにあわせてwavに変換します。
mid→wavへの変換には、iTunesを使用します。
やり方は「続きを読む」をご覧下さい。


4)SoundEngine Freeで歌と伴奏を合わせる。
SoundEngine Freeで、wav変換された歌と伴奏をミックスします。
音量や、ミックスする開始位置も簡単に指定できるので、伴奏と歌の開始位置がズレていても直すことができます。
調整が終わったら保存します。


5)iTunesでwavをmp3に変換する。
wav形式でも曲は聴けますが、配布するにはちょっと重いのでmp3形式に変換します。
変換にはiTunesを使いますが、先ほどのmid→wavのやり方と同じです。


以上で完成です!!


<VOCALOID・DTM講座>

・「コニーの非常識なDTM講座」
DTM初心者の方にオススメな講座サイト様です。
説明がものすごく良心的で、難しい事はまったくなし。
拒否反応を一切起こすことがなく、スッと読めて理解できます。
最初に楽器についての説明があるので、知識や経験がなくても大丈夫!!
音のサンプルもあるので、ものすごく分かりやすいですし、すぐに実践することができます。
一通り目を通すだけでも違うはずなので、是非。

・「超初心者のミク歌作り」
作曲の方法から、使用するフリーソフトの使い方まで、幅広く扱っているサイト様です。
「何から始めれば・・・」という方におすすめ。
Dominoを扱っており、使い方メモもあるので、「行き詰ってしまった・・・」という方はこちらのサイト様を参照すると良いと思います。



<おまけ:便利なアップローダー>

・「SkyDrive」
一度に50Mまでのファイルがアップでき、最大25Gまでのファイルが保存可能という、大容量かつ管理もしやすい、便利なアップローダーです。

・「Axfc Uploder」
容量別にファイルがアップできるアップローダーです。
SkyDriveと違って、アカウントを取得する必要がなく、GB級のファイルもアップ可能という大変便利なアップローダーです。
キーワードを設定できるので、ダウンロードさせたい相手を選べるのも便利。
ただし、ファイルの保有期間に限りがあるのと、自分が今までアップしたファイルを一覧で表示したりとかはできません。



<iTunesでの変換のやり方>

7以降でないと変換できないみたいなので、古いバージョンを使っている方は公式HPで最新版をダウンロードして下さい。

手順としては、

「iTunesを開く」
 ↓
「編集」
 ↓
「設定」
 ↓
「一般」
 ↓
「CDをセットしたときの動作」
の横にある項目に、デフォルトでは「CDのインポートを確認」となっていると思います。

これを「インポート」にし、その横の「インポート設定」をクリックして、インポート方法を「wavエンコーダー」にします。
下にある設定は「自動」のままでOK。

あとは、変換したい曲をiTunesにもってきて、その曲を右クリックすると表示されるメニューの中の「WAVバージョンを作成」を押すと、wavファイルに変換されたものが出来上がります。

作成されたWAVファイルは、iTunesのミュージックに追加されていると思うので、それをドラッグしてデスクトップなどに持ってくればOK。


7だと、ちょっと手順が違うかもしれませんが、基本的に「インポート設定」あたりを探してみるといいかと思います。

ちなみに、「インポート設定」で「mp3エンコーダー」にすれば、右クリックで「mp3バージョンを作成」となるので、mp3にも変換可能です。

iTunesに入れられる形式は今のところ確認済みなものとしては、「wav、mp3、mid」等です。

MIDからMP3への変換は、一度WAVにしてからでないとダメ・・・・とかいう話をどっかで聞いたような。
MID→MP3への変換ができない場合は、MID→WAV→MP3としてみてください。

閉じる▲

スポンサーサイト
Posted by 和
comment:2   trackback:0
[ボカロ・DTM]  thema:ボーカロイド - genre:音楽
comment
すごい!!
とても奇麗なメロディと、悲しく優しげな歌詞に惹かれました(*^_^*)
byイカサマ
comment
ありがとうございます!
本当に拙いものですが、そう言っていただけるとやはり嬉しいです^^
by和
C言語でプログラミング
C言語はプログラミングを始めるときに大抵一番最初に習う言語です。

何故なら、C言語が分かってしまえば、他の言語をとても習得しやすくなるからです。
なので、初めてプログラミングをするという方はC言語から始めるのがいいと思います。

ここでは、C言語でプログラミングを始めるにあたり、オススメの本、ツールなどを紹介していきたいと思います。


【統合環境】
・「Microsoft Visual C++ 2008 Express」
統合環境とは、プログラムを作成する上で必要なツールが全て備わっているソフトの事です。
つまり、このソフト一本で「ソースを書く」→「コンパイルする」→「実行する」が全てできてしまいます。
一々ソフトを集めるのが面倒くさいという人にオススメのソフトです。


【コンパイラ】
・「MinGW日本版」
C言語用のコンパイラです。詳しい導入方法は「続きを読む」に書いてあります。


【エディタ】
・「Meadow」
emacsのWindows版です。
公式ページではありませんが、使いやすいように設定されたMeadowがインストールできます。
このソフトの一番良いところは、「Tab」キーでソースのインデントができることです。
また、コードを細かく色分けしてくれるのでとても分かりやすいです。

・「TeraPad」
とても扱いやすいエディタです。
日本語のヘルプサイトもあるので、初心者の方にオススメ。


【書籍】
やさしいC 第3版 [やさしいシリーズ]やさしいC 第3版 [やさしいシリーズ]
(2007/08/30)
高橋 麻奈

商品詳細を見る

その名の通り、かなりやさしく説明されている本です。
図も多くとっつきやすいので、全くの素人だと言う方にオススメです。


新版 明解C言語 入門編新版 明解C言語 入門編
(2004/08/28)
柴田望洋

商品詳細を見る

やさしいCよりも詳しく説明されている本です。
少しだけC言語をかじったことのある方にオススメ。


プログラミングの宝箱 アルゴリズムとデータ構造 第2版プログラミングの宝箱 アルゴリズムとデータ構造 第2版
(2011/03/30)
紀平 拓男、春日 伸弥 他

商品詳細を見る

上にある書籍を一通り読んで、C言語の基礎が分かったという方にオススメです。
「ソート」「スタック」「キュー」などのアルゴリズムが分かりやすく書かれています。


『MinGWのインストール方法』

上のリンクから、ダウンロードページに行き、「mingw-jp-xxxxx.zip」という名前をクリックしてzipファイルをダウンロードします。(xxxxxは数字です。その時によって変わるかもなのでこう書いてます。)

zipファイルを解凍したら、その中の「mingw-jp」というフォルダを、Cドライブ(「マイコンピュータ(またはコンピュータ)」→「ローカルディスク(C:)」)に入れます。

次に、システムのプロパティを開きます。


<Vistaの場合>

「スタート」
 ↓
「コントロールパネル」
 ↓
「システムとメンテナンス」
 ↓
「システム」
 ↓
「システムの詳細設定」
 ↓
「システムのプロパティ」


<XPの場合>

「スタート」
 ↓
「コントロールパネル」
 ↓
「パフォーマンスとメンテナンス」
 ↓
「システム」
 ↓
「システムのプロパティ」

画面が開けたら、

「システムのプロパティ」
 ↓
「詳細設定」
 ↓
「環境変数」
 ↓
「システム環境変数」という名前のボックス内にある、「Path」を選択し、「編集」ボタンをクリックします。

「変数値」のボックス内の一番最後に、「;c:\mingw-jp\bin」と付け足して、「OK」を押します。



これでインストールは完了です。




『コンパイル方法』

まず、ソースファイル(プログラムを書いたもの)を、Cドライブの下に「source」などの名前を付けたフォルダに入れておきます。

「スタート」
 ↓
「すべてのプログラム」
 ↓
「アクセサリ」
 ↓
「コマンドプロンプト」で、コマンドプロンプトを起動させます。(何か真っ黒な黒板のようなウィンドウが出ればOKです。)


「C:なんたらかんたら> 」という表示が出ていると思います。
そのまま、「cd \source」と入力し、「Enter」を押します。

すると、「C:\source> 」という表示になると思います。

そこで、今度は「gcc -o プログラム名 ソースファイル名」と入力して「Enter」を押します。

例)sample.cをコンパイルする
C:\source>gcc -o sample sample.c


その下に何も表示されていなければ成功です。
何か表示された場合には、プログラムが間違っているので、見直して下さい。





『実行ファイル(.exe)の実行の仕方』

先ほどのコンパイルで成功すると、「プログラム名.exe」というファイルが作られます。

これを実行させるためには、「コマンドプロンプト」を立ち上げて、

C:なんたらかんたら>cd \source
 ↓
C:\source>プログラム名.exe


と入力して「Enter」を押せば、実行できます。

例)sample.exeを実行する
C:\source>sample.exe



これで、上手く実行できていればプログラム(ソフトウェア)の完成です。

閉じる▲

Posted by 和
comment:0   trackback:0
[C/C++
VOCALOID・DTM曲サンプル
ズブの素人でもこの位はできますよ、というサンプルです。

クオリティは・・・・本当勘弁してくださいOTZ



【注意】
フリー配布ですが、著作権等は放棄してません。
無断転載や加工・二次配布などは禁止です。
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[ボカロ・DTM]  thema:VOCALOID - genre:音楽
動画の作り方
手書きMADなどの動画を作る時にオススメな講座やツールなど紹介します。


<講座・説明サイト>

・「手書きMADwiki」
何から何まで詳しく載っているサイトです。
手描きMAD作成の流れなどを詳しく知りたい方や、「作りたいけど、まず何から・・・?」という方にはおすすめです。

・「AnimeStudioの使い方」
文字通り、AnimeStudioの使い方が詳しく載ってます。
公式サイトのページですので、ダウンロードついでにこちらをブックマークでもしておくと作成のときに便利だと思います。

・「Suzuka NOTE」
Suzukaのダウンロードから使い方まで載ってます。
下のリンクから、「Suzuka Wiki」などに飛べます。
最初に見ておくと良いサイト様だと思います。

・「動画による講座」-Suzuka Wiki
「Suzuka Wiki」内のページですが、ニコ動にアップされている動画版の講座を集めたものが載っています。
文字よりも見て覚えたいという方などにおすすめですが、「こんな演出もできるのか!」という発見があるので、是非とも参照してみてください。

・「ParaFla!でFlash作成」
Suzuka NOTEへのリンクもあります。
ParaFla!のページは右の「ParaFla!進学講座」から飛んでください。



「続きを読む」にはオススメ動画編集ツールが載っています。


<動画編集ソフト>

・「GOM Player」
とにかく高機能なプレーヤー。
flvとかswfとか、とにかく動画の再生ならコレ一個で大体OKだと思われます。
しかし、これのスゴイところはキャプチャー機能です。

トレス動画とか作るときに必要になる、大量のトレス用画像を動画から抽出しなければならないのですが、そのためには別のフリーソフト(AviUtlなど)が必要なんです。
ところが扱いがよくわからなくて、途方に暮れていたところ、コレに出会ったわけです。
画像だけでなく音声も抽出できるらしいので、実際これひとつで相当事足りるはず。

連続画像の取得については、公式サイトのオプションの便利機能を見て下さい。



・「Any Video Converter」
これは、動画を色々な形式に変えてくれるソフトです。
動画の編集ソフト間でファイルを橋渡しする時などに重宝します。

やはりこれも、動画を作るうえで変換してほしい形式には大体対応してるかと思います。
ちなみに、これも動画から音声の抽出ができます。(抽出したい範囲も指定可能?)

余談ですが、もっと高機能な変換ソフトがあるっぽいんですが、どうも英語なのでよくわからん・・・・・
こっちのは日本語なので、ダウンロードと使いやすさならこっちかな、と思います。



・「Windowsムービーメーカー」
今どきのパソコンなら、最初からついているらしいです。
普通の画像のスライドショーを作るだけなら、これ一本でOK。

切り替わりの演出などは、他のフリーソフトじゃ難しいと思われるものがたくさんあるので、他のフリーソフトで作った動画たちを、これで最終的に切り替わり演出を入れてつなぎ合わせたい時などに便利かもしれません。

あまり凝った演出や細かい設定ができないので、アニメのトレスMADなどには向いてません。
あくまでスライドショーMAD用のツールだと思っておくといいかも。



・「ニコニコムービーメーカー」
ニコ動に投稿するにはちょうどいい動画編集ソフトです。
できることは少ないですが、文字をその場で入れられるのは嬉しいです。
こちらもスライドショー動画にはぴったりだと思います。



・「Suzuka」
タマちゃん・・・・!!! ゲフンゲフン

ちがいます、動画編集ソフトです。
しかし、タマちゃんに似て高機能。suzuka便利だよsuzuka(*´д` *)ハァハァ

なんといっても、トゥイーンが最高です。

いろんな演出に応用できる機能なのですが、こちらの動画などで詳しく説明されています↓

レイヤー機能つき、画像のフィルタ等がその場で付けられます。
とにかく、できることはいっぱいあるので、下に紹介してあるWikiなどを参照してみてください。



・「FreeAnimeStudio」
フリー版と有料版がありますが、無料版でもsuzukaと併用すれば大抵のことはできるかもしれません。

こちらは、スクロールとか、拡大・縮小がsuzukaよりもスムーズです。特に拡大・縮小。

ただ、ちょっと使い方は慣れないと難しそうです。講座も少ないような気がします。
公式さんの方で使い方は載ってますが、もっと詳しいことは他のを調べるといいかも。



・「PalaFla!」
まだ使ったことが無いのですが、手書きMADなどの作成で幅広く使われているみたいです。

閉じる▲

Posted by 和
comment:0   trackback:0
[動画
| HOME |