アニメ・マンガ・ゲームの感想やTCG、日々の出来事など。
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ-叛逆の物語- 感想
映画公開日から結構経ってしまいましたが、ネタバレに怯える日々と一刻もサヨナラしたかったので見てきました。

やはりすごい人気ですね!
朝一番で行ったのにほとんど席が埋まってました。

総集編の映画の時もそうでしたが、やはりまどマギの人気は侮れない・・・
予約しなくても大丈夫だろうとか生易しい考えはもう捨てます。

劇場でもらえるフィルムシートはマミさんの登校シーンでした。
ツイッターではQBの目だけが延々とプリントされてるものとかありましたが、普通ので良かったです;;

しかし何というか、アレはアレで話が完結していたから続きが出ると聞いた時は、蛇足な感じにならないか若干心配でした。
まぁ、色んな意味で裏切られることになるんですけど。


という訳で、ネタバレ満載な感想はこちら↓


叛逆の物語・・・

「叛逆」・・・?

叛逆=反逆らしいです。読み方は「ほんぎゃく」だそうですが。

反逆ってなんだ?ほむほむがまた時の流れに逆らってまどかを助けるとかそういう意味なのかな?と勝手に推測していたのですが・・・

そのまんまの意味かよ!!!

ちくしょう本当にまんまじゃねーか!
深読みのし過ぎが仇となりましたね・・・いやはや。

こう、ドラッグオンドラグーンのカイムみたいに、世界を助けるために世界に囚われたアンヘルを助けるため世界をぶっ壊すみたいなそんな感じなのかしらと思ってたんです。

まぁ多分あながち間違いでは無かったのですが・・・


前半はすごくいい話でした。

一応、ほむほむとマミさんが対峙したり、ほむほむが魔女化したり色々ありましたが、結果的にほむほむがやっと救われる形で魔法少女たちの話は終わる・・・

はずでしたが!

そこで終わらないのがまどマギですよね。

まさかのほむほむ悪魔化。

魔女を通り越してしまいました。

相当溜まっていたのでしょうね。
ループで繰り返し受けた痛みさえも愛おしくなってしまったらしいです。

Mに目覚めてしまったのかと思いきや、そんなの序の口でした。
ほむほむがまどかに抱いていた感情、それは

「呪いなんかよりも強いもの・・・それは、愛よ(ドヤァ

ついにヤンデレズと化してしまったほむらさん。
劇場にお越しの皆さんの前で壮大なカミングアウト

QBに、「あなた達にはわからないでしょうね」とか言ってましたけど多分QBじゃなくても分からないのでは・・・

ついに公式でクレイジーサイコレズとなってしまったほむらに、QBでさえもさじを投げる始末。

無理やりまどかの1部を引き千切って自分の殻の中に閉じ込めてしまったシーンでは、まどかが「裂けちゃう////」なんて言うもんだから、もうそういう意味にしか取れませんでした。

童貞ほむらさんが長いことお預け食らった結果がこれだよ!

まどかもほむほむの突然のヤンデレズ化にドン引き

魔法少女一同「ダメだこいつ、早くなんとかしないと・・・」
QB「もう諦めたよ」


前半の感動を返せとwww

ほむほむがヤンデレズとなったあたりからはもう笑しか起きなかったです。
ちょwwおまwww的な。

童貞レズは溜まりすぎるとああなるのか・・・

ほむニキ流石だなぁ・・・たまげたなぁ・・・
レズは嘘つきと言われてもしゃーないですわ

まどかを閉じ込めた後は、立場を逆転させてのプレイを楽しんでいるようでしたが、まどかさんが記憶を取り戻しかけると素早く察知してブロック。

アニメ本編との良い対比になっていて、あの時と同じなのに全く別物のような感じを受けました。


まどマギ新編は、立派なクソレズと化したほむほむの叛逆の物語でした。
まさかまどかさんを無理矢理自分のものにしてしまうとは・・・
クレイジーサイコレズに目をつけられると恐ろしいですね。

しかしながら、それほどまどかの事が好きで、一途な思いを長い間抱えていたんだなぁと思うと、ウッ・・・

劇中でも、一番好きだった友達は手の届かないところへ行ってしまって、しかもその子を覚えているのは自分だけと言う事がどんなに辛かったか打ち明けてましたし。

あと、ほむほむだけでなくまどかもみんなと離れ離れになって辛いと言っていたのが印象的でした。
まど神様もアンヘルと同じく寂しい思いをしていたんだなぁと・・・

その告白を聞いたからこそ、ほむらはまどかの意思を無視してまで救おうとしたのかもしれません。


愛は世界で一番強い力ですが、それゆえに一番危険な力でもあるわけですね。
それこそ、世界を滅亡させてしまうくらいに。

最後にほむほむがまどかにリボンを渡すシーンで、「これはやっぱりあなたのほうがにあうわ」と言ってたのも印象的でした。
あれはやっぱりほむらとまどかが対立するという事だったのでしょうか。

それにしても悪魔化したほむほむはやたらとエロティックですね。
なんかもう一々挙動がエロい。

最後のどんでん返しでほむほむの印象が悪くなってしまったような感じでしたが、個人的にはまどかに対する一途な思いを貫き通した結果だと思っているので、むしろ好印象でした。

しかしほむら悪魔化は、本来は無かった話だったらしいですね。
本当はほむほむがまどかに導かれて終わるはずだったらしいです。

確かに悪魔化以前でかなり話的にまとまってて、私もそこで終わるものと思っていました。
まぁ続編への布石のために追加されたならされたで、いいとは思いますが。
続編はまどかVSほむらの少年漫画的な熱い展開が期待できそうなので←


ほむほむショックが大きかったせいで、マミさんのパートナーがシャルロッテになってたことや、名前がシャルロッテではなくベベというわけのわからん名前になっていたことなど、細かい話がぶっ飛んでしまいました。

ほむほむ以外のことを書くと、マミさんTUEEEEEEEEEEと、さやかカッケえ!と言う感じでした。

豆腐メンタルとか言われていたマミさんですが、まさかあそこまでほむほむを弄ぶとは!

メンタルは豆腐かもしれませんが、戦闘能力はかなり高いですね!
さすがマミさん!


あとは本編で色々とやらかしたせいか、円環の理になって精神的にかなり成長したさやかが大活躍してました。

杏子とのタッグも決めてましたし、杏子への思いやりも見せていて、ほむほむが株を下げに来たのに対し、さやかはかなり上がったのではないでしょうか。
私はクレイジーサイコレズも好きなのであのほむほむも好きですが・・・

また、杏さやだけでなく、ほむ杏も見れたことが個人的にかなり嬉しかったです。
やはりほむほむは杏子を頼りにしてるんだなぁと思いました。

あと、あの踊りの変身シーンは何だったのかwww
杏子はやたら怖い感じだったし、さやかはブレイクダンスしてるし・・・

ひとみの話もリアリティがあってとても良かったのですが、なぜ生首www
ひとみを助けに行くさやかもカッコよかったですね。

前半の話はみんな幸せで、理想の世界だったのに何処と無く気持ち悪さを感じずにいられませんでした。
ナイトメアにとどめ指す時の儀式とかもそうですが・・・

そこらへんの、視聴者にさりげなく違和感を植え付けられるような演出は流石だなぁと思いました。
キャラの表情もかなり豊かで、特に悪魔化したほむほむの表情には目が外せませんでした。


ほむほむのせいで2時間に渡る壮大なクレイジーサイコレズ物語となってしまいましたが、グッドエンドにしないあたり、まどマギらしいなぁと思いました。

終わり方的に続きがあるような感じだったので、続編も期待です。


ところで、なんか今回のほむらを見てあるキャラがふと頭をよぎりました。

そう、キングダムハーツのリクです。

彼の場合、三角関係のもつれからくる何やらですが、仲間を思うあまり悪落ちして自らを闇の中に置くという。
まぁ、何となく浮かんできただけですが。

あとはカインとかかな・・・ほむほむはしょうきにもどった!

からくりサーカスやデッドマン・ワンダーランド、DODもそうですが、割りと「愛」を取り入れてるものはちゃんとその裏返しまで見せてくれるものが好きです。
つまり、ドロドロしたのが好きです。

そういう意味ではまどマギは最高ですね!
また何か思いついたら付け足していこうと思っています。

閉じる▲

スポンサーサイト
Posted by 和
comment:0   trackback:0
[魔法少女まどか☆マギカ]  thema:魔法少女まどか☆マギカ - genre:アニメ・コミック
WALL-E 感想
ディズニー映画でまだ見てないのあったかなーと思い、借りてきました。

一言で言うと、超オススメです。
でなけりゃ記事なんて書きませんが・・・

お金に余裕があったらDVD買いたいなと思うくらい良かったです。
昔、宣伝してた頃から気になってたんですが、予想をはるかに上回ってて驚きました。


~あらすじ~
すっかりゴミ溜めとなってしまった地球を捨て、人類は宇宙船で生活しながら宇宙を漂流していた。
一方、地球には人類が居ない間、ゴミを片付けるロボット『ウォーリー』が働いていた。
仲間達は皆壊れてしまい、残ったのはウォーリーだけだった。
ある日、地球に宇宙船が着陸し、中から出てきたのは真っ白なロボット『EVE(イヴ)』だった。
イヴとウォーリーが出会うとき、物語は始まる・・・・

・・・・と微妙にとあるっぽくあらすじを書いてみたものの、何のこっちゃ分かりませんよね。
詳しくはWiki、できることなら本編をご覧下さい。


塔の上のラプンツェルも見ましたが、ウォーリーの方が個人的には好きでした。
もちろん、ラプンツェルも面白かったのですが、いろんな意味で考えさせられるという点でウォーリーの方が良かったなぁと思います。


下はネタバレになってしまうので隠しました↓


この映画、
ウォーリーとイヴがとにかく可愛い。

ひたすら可愛い。

何度萌え殺されると思ったか分かりません。
彼らの可愛さは筆舌に尽くしがたいです。是非本編をどうぞ!

イヴがすぐビーム銃撃っちゃうのをウォーリーが必死に止める様は何となくからくりサーカスのしろがねと勝を連想させました。
(からくりサーカスも面白いので是非!昔の漫画です。)

個人的にはもうちょっと地球でイチャラブしてくれても良かった気はします。
というか永遠にイチャラブしててもいいのよ・・・・



キャラクターの可愛さもさることながら、この映画はとても奥深いです。


まず、ウォーリーの友達(ペット?)であるゴキブリのハル。
何が深いかって、人類が居なくなった後も生きられるのはゴキブリだと言うことです。
実際、ゴキブリは人類が生まれる前から地球に生息しており、生きた化石とも言われています。
また、映画では踏み潰されたりビーム銃で撃たれたりしても生きているという生命力の強さが描かれています。

これに対し人類はと言うと、地球をゴミ溜めにした挙句、掃除をロボットに任せて自分達は宇宙へ旅立ってしまいます。
便利なロボット達が身の回りの世話を全部してくれ、快適な宇宙船で何百年も過ごします。
そのせいで体は太り、骨は弱り、手も足も耳も小さく退化してしまいます。


両者を対比させて見ると、この作品には物凄い皮肉というか、上手く言えませんが警告・・・そんなようなモノが含まれているように感じました。

しかし、最後には人類はちゃんと地球に帰り、また自分達の足で立ち、生活を始めます。
そこにはやはり、過去にしてしまった過ちを正そうとする人間の強さも描かれていると思いました。
また、艦長の「生き残りたいんじゃない!生きたいんだ!」というセリフにも、力強さを感じました。
他の生物であれば、まず生き残る事を優先し、子孫を残すために生きますが、『生きる』ために生きる事ができるのは人間だけだと思いました。
そして、過ちを正せるのもまた人間だけなのだと思います。
艦長からはそのようなメッセージを感じました。

家族で見ていた時に、艦長と機械が戦うシーンで、弟が「機械が人類を支配してるとかそういう感じなんかね?」と言っていたのですが、私は少し違うのではないかなと思いました。
支配されているというよりは、昔の人間が主導権を放棄したように思います。
機械はあくまで命令に忠実に従っただけであり、機械VS人間というよりは、過去の人類VS今の人類というような感じなのではないかと思います。



いかんせん、メイキングなどの特典映像が無かったので、制作者の方々がどんな思いでこの作品を作ったのか分からないので、全ては自分で考えて想像するしかないのですが、今思うとそれが狙いだったのかもしれません。

書きたい事は山ほどあるのですが、上手く文章化する事ができないので、ここまでにしておきます。
とにかくこの作品からは感じたり考えさせられる事が多いので、是非一度見てみてください。

閉じる▲

Posted by 和
comment:2   trackback:0
[アニメ雑記
comment
そいつはまったくのノーチェックでした・・・

ちょっと、興味はあったんですが
友達誘うのも一人で行くのも恥ずかしいし、で
結局流れちゃって。

でも、今借りに行くのも恥ずかしいww//
byweapon
comment
Re: タイトルなし
確かにディズニーはキッズアニメですからね;;
もう私は慣れましたが。(キリッ

機会があれば是非一度見てみてください^^
by和
さや杏漫画
漫画っても1ページしかありませんが・・・・

さや杏漫画
公式設定で杏子よりさやかの方が身長高いので、意識したらエライ高くなってしまいました・・・
このとき、さやかは後ろで手組んでる設定です。(どうでもいい


ザ・インタビューズというSNSで受けたインタビューへの回答用に描いたものです。
ちなみに、文字入れはSAI_FONを使ってます↓
http://onix.moe.hm/SAI_FON.html
SAIで文字を入れられる便利なフリーソフトです。

インタビューのさやかアイコンは、私が以前ツイッターで使っていたアイコンの事です↓
さやか

このさやかが咥えているポッキーは上の漫画のようにして奪われましたと言う設定がありました。すっかり忘れてましたが;;


下は杏さやについて語ってます。


デフォルトは杏子さやかですが、杏子とさやかが友達だったらさやか杏子なんじゃないかなーとふと。

友達じゃないときは、杏子が友達になろうとさやかにアタックしてるイメージがありますが、友達になったらさやかの方から杏子にちょっかい出してそうなイメージがあります。
まぁ杏子が受け受けしいってのもありますが・・・

そんな訳で上の漫画は、杏子とさやかが友達である設定です。
さやかなら杏子のポッキーを箱ごと奪い去って「返せー!」と杏子に追っかけられてそうですが・・・・

あ、あとよく勘違いされるのですが、私がさや杏とかまどほむとか言うのは、別に百合的な意味ではなくて、セット的な意味で呼んでるだけです。
順番は上で言ってるような意味で使ってます。(杏→さや、さや→杏など)

百合でもエロでも別に良いんですが、やはり原作に則ると彼女らのそれは友愛なんじゃないかなーと思うので。



もし、別の世界線でハッピーエンドだったら、

いつも杏子が持参お菓子をさやかに奪われて追いかけっこ

それを「仲がいいね」と見守るまどかとほむら

「まったく地球人は何であんな無駄にエネルギーを消費するような事をするのか訳が分からないよ。」というQBに、「ふふっ、いいじゃない楽しそうなんだから。」と諭すマミさん。
(QBはマミさんの膝の上に乗っかって撫でられている。)

という図が、一応私の脳内デフォです。



杏子とさやかの関係は、一言で言うなら「追いかけっこ」な気がします。
さやかは上条を追いかけて、杏子はさやかを追いかける。
待て、と言っても待ってくれないさやかを、杏子は追い続ける。
そうしてやっとの思いで追いついて、さやかの手を取り、笑顔で「つかまえた」と言う。
この2人にはそんなイメージがあります。

逃げるさやか追う杏子
バッドエンドの世界でもハッピーエンドの世界でも、この役割は変わらないように思います。

閉じる▲

Posted by 和
comment:2   trackback:0
[魔法少女まどか☆マギカ]  thema:魔法少女まどか★マギカ - genre:アニメ・コミック
comment
そういうことを考えると楽しくもなり哀しくもなりますね

楽しい光景の裏に
原作では最後まで追いかけた杏子に、
ハッピーエンドの世界にまどかはいなくて。

追いかけっこには激しく同意ですww
byweapon
comment
Re: タイトルなし
そうですね、原作の最後の世界ではまどかもさやかも居ません。
杏子がさやかに追いつくのは、それからもっと後、円環の理に導かれた時なんだろうなと思うと切ないですね。

ハッピーエンドというよりはベターというか、ビターというか、まどマギのそういう所が好きでもあります。
by和
まどマギカフェ行って来ました!!
超今更ですが・・・ね!!

テストやなんやらで忙しくて更新する暇が無かったんですという名のI☆I☆WA☆KE☆

カフェに行ったの二ヶ月くらい前だよもう・・・・
記憶を呼び戻して記事を書くのって大変ですね;;


詳細は長くなるので下にたたみました。

興味のある方はどうぞ↓


しかし、あれですね。
カフェ開店からもう一ヶ月ぐらいしたし、もうそろそろ行っても大丈夫だろうと思ってた時期が私にもあったわけで。

NEC_0045.jpg

並びすぎだよ!!
甘かった・・・正直なめてました。


通り過ぎる一般人の反応がこんな感じでつらかったです↓

一般人「なんでこんなに人が並んでるんだろう?おいしいお店でもあるのかな?

店の中を見る。

一般人「ああ・・・なるほど・・・・」


並んでいる間にすれ違っていく人々の目がすごく痛かったです。

そんな好奇の目に晒されつつ、ふと横を見てみると、
NEC_0047.jpg

どう見てもやる気が感じられない。
え、何コレ笑えばいいの?ちょっと元気出たよ。

そんなこんなで待っている間にお姉さんがメニューくれました↓
NEC_0048.jpg

私が行ったときはちょうどさやの番だったみたいです。


列も進み、ついに看板が見える位置まで!!
NEC_0050.jpg

ここまで来るのにおよそ二時間半。
デ○ズニーじゃあるまいし150分待ちとか・・・・


やっとの思いで店内に入店。

内装はこんな感じでした↓

NEC_0052.jpg

NEC_0089.jpg

NEC_0087.jpg

NEC_0096.jpgNEC_0097.jpg
↑トイレはまどかとQBでした。中は特に何もなかったです。やっぱりQBはオスだったんですね・・・

NEC_0088.jpg
↑スクリーンにはこんな感じの絵が何枚か入れ替わりで映ってました。

NEC_0099.jpg

NEC_0091.jpg
↑ほむほむの拳銃と手榴弾もありました。

NEC_0093.jpg
↑台本とか。

NEC_0095.jpg


キャラの設定画などはこんな感じでした↓
NEC_0059.jpg

NEC_0060.jpg

NEC_0058.jpg

NEC_0063.jpg

NEC_0064.jpg

NEC_0056.jpg

NEC_0073.jpg

NEC_0065.jpg

カフェに展示してあった設定画は、まどマギ設定資料集に色がついてる感じで、内容はほぼ一緒でした。
もちろん設定資料集の方が絵の量的には多かったです。



で、一通り撮った所で早速注文しました。

テーブルはこんな感じ↓
NEC_0051.jpg


友人はさやかのソウルジェムドリンク
NEC_0068.jpg

私は炭酸が駄目なので、シャルロッテのロールケーキを注文。
NEC_0103.jpg

なんと私の知らぬ間に友人が杏子のコースターを貰っててくれました。
NEC_0067.jpg

本当は友人の友達にお土産にあげるつもりだったらしいのですが、私が無理やり奪い取りました。
友人ありがとう!そして、ありがとう!


帰りに魔女のくちづけステッカーも貰えました↓
NEC_0120.jpg


カフェを満喫し、いい気分で帰路についていると、
目の前にこんなモノが・・・

NEC_0121.jpg

!?!?

QBハウス・・・・だと・・・・

まさかここでQBを量産しているのでは・・・・

と思い、中を見てみると・・・・


ただの散髪屋さんでした。

デスヨネー



まぁ、そんなこんなで楽しかったです。
まだカフェはやってるかどうか分かりませんが、興味のある方は是非。

松戸から徒歩で行けますが、わりと分かりにくい場所にあるので気をつけてくださいね!

閉じる▲

Posted by 和
comment:2   trackback:0
[魔法少女まどか☆マギカ]  thema:魔法少女まどか★マギカ - genre:アニメ・コミック
comment
あれだけ人気でれば・・・すごいな。
クオリティも凄そうだし

QBハウスww
さすがまどマギは裏切らない。
byweapon
comment
Re: タイトルなし
グッズも色々展示してありましたね。
ほむほむの銃と手榴弾のクオリティはハンパなかったですwww

あなたの町のどこかにもQBハウスが・・・・ゴゴゴゴ
by和
魔法少女まどか☆マギカ 感想
ついに最終話、来ましたね。

私はリアルタイムで見れました。次の日休みだったので。(ドヤァ
飲み会は犠牲になったのだ・・・


ツイッターでは、この日のために「まどか休暇」を取る社会人の方が多かったようですね。本当か!?

読売の一面で広告が載ったり、深夜アニメとしては異例の視聴率などなど、まどマギファンとしては嬉しい一日でした。


震災で一ヶ月近く延びてしまいましたが、その一ヶ月間ずっと楽しみにできたアニメはまどマギが初めてのような気がします。
というか、こんなに次回を楽しみにした事自体初めて!

その証拠(?)に、ツイッターでは毎日必ず一回はまどマギの事をつぶやいてましたww
「ウザっ」と思われた方、すいませんでした;;

本当は絵も一緒に上げたかったのですが、忘れないうちに、と言うことで文章だけ先に上げてしまう事にしました。
カテゴリも作ったので、これから増やす予定は大いにありますしね!



ではでは、ここから先はネタバレをお大いに含みますので、まだ本編を見てない方はご注意を!!↓


2回目で泣いた。

初回は友達とスカイプで話しながら見てたからってのもありますが、一回見ただけじゃ私の頭がついて行けなくて「???」状態だったのですが・・・・

色々考察や何かを見た後にもう一度見返してみたら、

一時間泣きっぱなしでした。(実話)

あとで自分の横見てみたら、ティッシュの消費量ハンパ無かったですwww
お前どんだけ鼻水垂らしてんだよ、とww


今回の話に限ったことではありませんが、まどマギは見る度に深みを増す良い作品だなぁと改めて思いました。
考察にあることだけでなく、そこから自分なりに解釈を広げられる余地があるのが、この作品の大きな魅力のひとつであるように思えます。



最終回の解釈ですが、簡単に以下にまとめてみました。

【ワルプルギスの夜】
魔女になってしまった魔法少女たちの絶望の欠片が集まった集合体。
まどかに倒される事によって、全ての魔法少女が救済されたことを象徴するために作られたように思う。

【魔獣】
人々の呪いが生み出した、魔女に代わる敵。
魔女と同じく、魔法少女にしか倒せないもの。

【まどかの願い】
「希望」を「絶望」に変えさせないために、魔法少女の運命を「魔女化」の代わりに「消滅」する事に変えた。
魔法少女の命が尽きるとき、まどかが迎えにやってきてソウルジェムを浄化、魔法少女は消滅する。
まどかが「魔法少女」というシステム自体を否定しなかったのは、魔法少女たちの「願い」や「祈り」を無駄にしないため。また、QBも言っていた様に、インキュベーターが地球に来ていなければ人類は未だに原始的な生活を続ける事になっていたからだと思われる。

【さやか】
まどかがさやかに向けて言ったセリフで「さやかちゃんを救うためには全て無かった事にするしかなくて」とあるが、これは恐らく、さやかを救うためには魔法少女という存在自体を否定しなければならないと言う事だろうと思う。(魔法少女の存在が無ければ恭介の手も治る事は無かった。)
その後に、「さやかちゃんが祈ったことも、そのために頑張ってきたことも、とっても大切で、ぜったい無意味じゃなかったと思うの。」と言っていることから、さやかの願いを無駄にしないため、まどかは苦渋の決断をしたのだと思う。
さやかの消滅は免れない。しかし、さやかの祈りだけは守ろうとした。
すべてを完全に救うことはできない、心に残るシーンである。

【新しい世界】
まどかによって再構築された世界では、魔女の代わりに魔獣という敵と魔法少女は戦うことになる。
魔法少女が力を使い果たして死ぬとき、魔女になる代わりにまどかが来てソウルジェムを浄化し、消滅する。
インキュベーターと魔法少女の関係は、「家畜」から「猟犬」に変わった事で魔法少女が庇護する対象となり、多少なりとも良くなっている。
グリーフシードらしき物体は、石ころのような形になっており、ほむほむがソウルジェムを浄化しているシーンでは幾つものグリーフシードを使っている事から、魔獣は倒せば必ずグリーフシードが手に入る代わりに、浄化するのには量が必要になったと考えられる。(前の世界では、グリーフシードを持つのは魔女のみで、使い魔を倒しても何も出なかった。)

【ほむほむとまどか】
まどかが「概念」化した後でもほむほむはまどかの事を忘れていなかった。
ほむほむはまどかと世界をつなぐ唯一の絆(コネクト)であるような気がする。
まどかが渡したリボンも、絆を象徴しているように思う。
ただ、たっくんもまどかをはっきりと覚えている事から、もし二期がやるとしたらたっくんが「まどか」を探してあれやこれやする、「帰ってきたドラえもん」的な展開があってもいいんじゃない?

【最後の戦い】
世界の終わりで戦い続けたほむほむにも限界が訪れ、最後にまどかが「頑張って」と囁く。
この時の「頑張って」は、ある意味残酷な言葉のようにも思える。
しかし、自分のために最後まで戦い続けてくれたほむらに対しての、励ましの言葉であったのだと思う。
ほむほむが笑ったのは、自分が力尽きた時、またまどかに会えると思ったからなのだろう。
いずれにせよ、ほむほむのリボンが落ちたと言う事は、ほむほむは最後に力尽きてまどかに浄化され、最後の魔法少女が消滅して世界は終わった、と言う事なのだろうか。

【コネクト】
まどかマギカの大きな主題のひとつとして、「絆」が上げられると思う。
どんなことがあっても変わらない友情、絆。
それは、現代では失われつつあるものの一つであるような気がする。
また、コネクトの歌詞の一番はほむほむ、二番はまどか視点であるように見える。
決してOP詐欺ではなかった事を改めて思い知った;;
個人的にほむほむ版のOPをDVD特典などで作って欲しい・・・



書いてるうちに書きたかった事をドンドコ忘れているような・・・
しかし、とりあえずこんな感じだろうか。

これ「魔法少女あけみ☆ほむら」だろwwwと言われているけれど、やっぱり私はまどかが主人公なのだと思います。

かなめ まどか(円の要、円環の中心)ですし。

すべての魔法少女の「希望」や「願い」を無駄にしない、「絶望」もさせないというまどかの姿勢には主人公を感じずにはいられませんでした。

本当にまどか△!!

何よりも、その役割を「自分自身で」するところに感動しました。

そういうシステムに書き換えて!と言えば、自分も魔法少女として新しく作られた世界の中で生きることはできたかもしれないのに、あえて自分自身がその「概念」になる事で、まどかは何をしたかったのか。

私は、「世界を見守りたかった」のかな、と思いました。
守りたいものがたくさんあるこの世界を、自分自身の手でいつまでも守りたかったのだと思います。

まどかがそうなったことで、ほむほむの努力を知り私の、最高の友達だよと言ったときには涙が止まりませんでした。
まどかは全ての魔法少女を救い、最後には自分も救った、素晴らしい主人公だと言えるでしょう。



余談ですが、まどかは世界のために犠牲になったDODのアンヘルに似てますね。(お互いがお互いの支えになっているという意味で)
ほむほむはカイムのようなポジションなんじゃないかな。

OPの、まどかが黒猫抱いて泣きながら笑ってるシーンがありますが、概念化したまどかが唯一繋がっているほむほむをココロの支え(?)にしてる意味もあるんじゃないかと思いました。
(ドラマCDでこの考察は見事に無意味になってしまいましたが・・・)




まだまだ語り足りないところや考察が行き届いてないところが多々ありますが、いったん区切ろうと思います。

ただひとつ、確実に言えることは、
魔法少女まどか☆マギカを見てよかった。

ストーリーはもちろん、演出やキャラ、音楽、どれを取っても素晴らしい作品でした。

この作品に出会えて良かったと、心から思います。

閉じる▲

Posted by 和
comment:2   trackback:0
[魔法少女まどか☆マギカ]  thema:魔法少女まどか★マギカ - genre:アニメ・コミック
comment
私も感動しました。
最終回の後、想像(妄想?)が膨らんで眠れませんでしたww

2期もやりますかねぇ?

いまから楽しみです
byweapon
comment
>weaponさん

2期は個人的に無くてもいいと思ってます。あの最終回で全て満たされたような気がするので。
あったらあったで嬉しいですがww

もし二期があるとしたら、魔女になった魔法少女たちの生前(?)の話だとか、そういう外伝的な話をやって欲しいです^^
by和
| HOME | next